イエラエと BSI 協業「IoTサイバーセキュリティ認定ラボ」設立し製品検証と認証書発行 | ScanNetSecurity
2021.05.12(水)

イエラエと BSI 協業「IoTサイバーセキュリティ認定ラボ」設立し製品検証と認証書発行

株式会社イエラエセキュリティとBSIグループジャパン株式会社、 BSI Professional Services Japan 株式会社は3月15日、IoT機器におけるセキュリティ基準の標準化実現に向け、協業開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社イエラエセキュリティとBSIグループジャパン株式会社、 BSI Professional Services Japan 株式会社は3月15日、IoT機器におけるセキュリティ基準の標準化実現に向け、協業開始すると発表した。

イエラエセキュリティおよびBSIグループは本協業で、IoT機器におけるセキュリティ基準の標準化実現に向け、IoT機器のセキュリティ基準を検証、認証する「IoTサイバーセキュリティ認定ラボ」を創設、2021年上半期を目処にサービスの提供開始を予定している。

既にイギリスで取り組んでいる基準をもとに、IoT機器のセキュリティ基準の検証と認証を実施するとともに、 IoTセキュリティに関する普及・啓発活動を実施、これまでのIoTセキュリティ分野における技術や知見を活用し、国内のIoT機器のセキュリティの向上に努める。

ETSI(欧州電気通信標準化機構)の TS 103 645 や EN 303 645 や OWASP IoT Top 10 などの基準が参照され検証が行われる。

3社では3月24日に、無料オンラインセミナー「IoTセキュリティのあるべき姿」を開催、昨今のサイバーセキュリティを取り巻く環境について、世界の最新事情や国内の実例を交えて紹介する。

現在IoTセキュリティに関する基準やガイドラインは非常におびただしい数存在し、しかも国際的にデファクトとなったものはまだ存在しない。IoTや自動車等を対象にした海外のハッキングコンテストで優勝や上位入賞をつづけるイエラエセキュリティと、標準規格発祥の地である英国のBSIグループとの協業によって、ガイドライン乱立状況に一石を投じることはできるか。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?

    オンプレミス(私有地)からパブリッククラウド(公道)へ、「ガードレール型セキュリティ」とクラウド事故の三大人因とは?PR

  2. 不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

    不正アクセスで日産証券オンライントレードシステムに障害発生、決済注文に限り電話で対応

  3. 「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

    「ワクチン接種予約システム」に関する不具合、トヨクモ社の見解

  4. ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

    ランサムウェアの身代金支払いで反社への資金供与システムと化すサイバー保険産業

  5. メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

    メールアカウント7件に不正アクセス、海外への迷惑メール送信の踏み台に(エコ・プロジェクト協同組合)

  6. 廃棄扱いのはずの書類が郵送で届く、何者かが意図的に持ち出した可能性も

    廃棄扱いのはずの書類が郵送で届く、何者かが意図的に持ち出した可能性も

  7. NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

    NISC、具体例や悪用された脆弱性を示しランサムウェアによるサイバー攻撃について注意喚起

  8. ソフトバンク、10億円の支払い求める ~ 楽天モバイルへ営業秘密の利用停止と廃棄求め民事訴訟

    ソフトバンク、10億円の支払い求める ~ 楽天モバイルへ営業秘密の利用停止と廃棄求め民事訴訟

  9. もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催

    もし我が社のAWSアカウントが、ペネトレーションテストツール「Endgame」で攻撃されたら ~ SHIFT SECURITY オンラインセミナー開催PR

  10. セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称

    セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称

ランキングをもっと見る