イエラエと BSI 協業「IoTサイバーセキュリティ認定ラボ」設立し製品検証と認証書発行 | ScanNetSecurity
2021.06.19(土)

イエラエと BSI 協業「IoTサイバーセキュリティ認定ラボ」設立し製品検証と認証書発行

株式会社イエラエセキュリティとBSIグループジャパン株式会社、 BSI Professional Services Japan 株式会社は3月15日、IoT機器におけるセキュリティ基準の標準化実現に向け、協業開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
株式会社イエラエセキュリティとBSIグループジャパン株式会社、 BSI Professional Services Japan 株式会社は3月15日、IoT機器におけるセキュリティ基準の標準化実現に向け、協業開始すると発表した。

イエラエセキュリティおよびBSIグループは本協業で、IoT機器におけるセキュリティ基準の標準化実現に向け、IoT機器のセキュリティ基準を検証、認証する「IoTサイバーセキュリティ認定ラボ」を創設、2021年上半期を目処にサービスの提供開始を予定している。

既にイギリスで取り組んでいる基準をもとに、IoT機器のセキュリティ基準の検証と認証を実施するとともに、 IoTセキュリティに関する普及・啓発活動を実施、これまでのIoTセキュリティ分野における技術や知見を活用し、国内のIoT機器のセキュリティの向上に努める。

ETSI(欧州電気通信標準化機構)の TS 103 645 や EN 303 645 や OWASP IoT Top 10 などの基準が参照され検証が行われる。

3社では3月24日に、無料オンラインセミナー「IoTセキュリティのあるべき姿」を開催、昨今のサイバーセキュリティを取り巻く環境について、世界の最新事情や国内の実例を交えて紹介する。

現在IoTセキュリティに関する基準やガイドラインは非常におびただしい数存在し、しかも国際的にデファクトとなったものはまだ存在しない。IoTや自動車等を対象にした海外のハッキングコンテストで優勝や上位入賞をつづけるイエラエセキュリティと、標準規格発祥の地である英国のBSIグループとの協業によって、ガイドライン乱立状況に一石を投じることはできるか。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

  2. パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

    パラマウントベッド従業員の仮想デスクトップ環境がウイルス感染、過去のやりとりを装った不審メールを確認

  3. スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

    スポーツクラブNASへランサムウェア攻撃、会員管理システムに障害発生

  4. イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

    イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

  5. 富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

    富士通のプロジェクト情報共有ツールへの不正アクセス、総務省でも被害確認

  6. Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

    Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

  7. 「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

    「糖質制限ドットコム」に不正アクセス、1年分の決済情報が流出

  8. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  9. LogStareのSOCの窓 第2回「現代アートと化すファイアウォール」

    LogStareのSOCの窓 第2回「現代アートと化すファイアウォール」

  10. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

ランキングをもっと見る