SHIFT SECURITYが子会社「株式会社マスラボ」設立、最難関であるペネトレーションテスト本格的標準化に着手 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

SHIFT SECURITYが子会社「株式会社マスラボ」設立、最難関であるペネトレーションテスト本格的標準化に着手

株式会社SHIFTは4月1日、同社の子会社である株式会社SHIFT SECURITYがペネトレーションテストを主力事業とする株式会社マスラボを設立することを発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
SHIFT SECURITYが子会社「株式会社マスラボ」設立、最難関であるペネトレーションテスト本格的標準化に着手
SHIFT SECURITYが子会社「株式会社マスラボ」設立、最難関であるペネトレーションテスト本格的標準化に着手 全 1 枚 拡大写真
株式会社SHIFTは4月1日、同社の子会社である株式会社SHIFT SECURITYがペネトレーションテストを主力事業とする株式会社マスラボを設立することを発表した。

SHIFTのグループ会社であるSHIFT SECURITYは、2016年の創業以来、脆弱性診断やセキュリティ監視サービスを中心としたIT領域における幅広いセキュリティサービスを展開、ホワイトハッカーのスキルを徹底的に標準化・仕組化することで「高品質」「低価格」「短納期」の診断サービスを提供してきた。SHIFT SECURITYではIT業界が抱える「人材不足」を解消しながら、創業5年で200名以上のセキュリティ人材体制を構築、受注量では業界中堅に伍する規模に成長した。

今回、SHIFT SECURITYが設立するマスラボでは、ITセキュリティ領域における新たな技術の獲得・追究を使命とし、セキュリティ領域の中でも標準化が非常に難しいと言われるペネトレーションテスト領域での事業活動を展開する。

なお、マスラボという会社名は、SHIFT SECURITYの企業理念である「Make a Smile」(笑顔を作る)と「Laboratory」(実験場)を合わせた「Make a Smile Laboratory」を由来としている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

  10. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

ランキングをもっと見る