セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称 | ScanNetSecurity
2022.09.26(月)

セキュリティ機関を騙る振込詐欺が発生、実在する職員氏名を詐称

特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は5月、同協会を騙った振込詐欺への注意喚起をWebサイトで呼びかけている。

脆弱性と脅威 脅威動向
トップページ
トップページ 全 1 枚 拡大写真
特定非営利活動法人日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)は5月、同協会を騙った振込詐欺への注意喚起をWebサイトで呼びかけている。

JNSAによると、振込詐欺では「日本ネットワークセキュリティ協会」の名称や実在の職員名を騙っているものが確認されているが、同協会では個人へ直接、電話連絡し金銭を請求したり、書面で金銭を請求することは一切無いとし、心当たりのある者は最寄りの警察署に相談するよう呼びかけている。

今後も同様に、実在する公的なセキュリティ機関や団体、組織の名称や職員名を騙った振込詐欺が行われる可能性もあり、知っている名称や人物が出てきたからと油断せず、内容に怪しいところがないか注意することが必要だ。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

    不正アクセスでジブリパークから個人情報が漏えい、金銭の要求も確認

  2. 「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

    「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

  3. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  4. ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

    ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

  5. 元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

    元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

  6. NECグループ製品セキュリティ情報に3件追加

    NECグループ製品セキュリティ情報に3件追加

  7. セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法

    セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法PR

  8. 日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

    日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

  9. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

    拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

  10. 2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

    2022年上半期はサプライチェーンリスクが国内で具体化、トレンドマイクロ上半期レポート

ランキングをもっと見る