オンプレミス版 純国産ログ分析プラットフォーム「LogStare Quint」出荷開始 | ScanNetSecurity
2021.09.19(日)

オンプレミス版 純国産ログ分析プラットフォーム「LogStare Quint」出荷開始

株式会社LogStareは6月1日、親会社である株式会社セキュアヴェイルより開発を引き継いだ次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」シリーズの新製品「LogStare Quint」を5月31日から出荷開始したと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
LogStare Quint画面:リアルタイムモニタ
LogStare Quint画面:リアルタイムモニタ 全 1 枚 拡大写真
 株式会社LogStareは6月1日、親会社である株式会社セキュアヴェイルより開発を引き継いだ次世代のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム「LogStare」シリーズの新製品「LogStare Quint」を5月31日から出荷開始したと発表した。

 新製品である「LogStare Quint」をはじめとするLogStareシリーズは、2001年の創業時からSOC(Security Operation Center)サービスを提供し続けるセキュアヴェイルのセキュリティ運用ノウハウとログのビッグデータ分析を実現する大量データ分散技術を用いて独自に開発された純国産のマネージド・セキュリティ・プラットフォーム。日々のシステム監視業務からインデト発生時のログ分析や原因調査、その後の報告書作成までも支援し、AI予測による障害予防も行い、セキュリティ運用に係る時間、コスト、人的負荷を総合的に低減する。

 LogStare Quintは、2020年11月より販売開始したクラウド型のログ分析プラットフォーム「LogStare Reporter」のオンプレミス版で、LogStare Reporter同様、セキュアヴェイルのSOCが実務で使用するログ分析テンプレートを100種類以上搭載し、高度なログ分析や複合条件によるアラート発報を実現する。さらにLogStare Quintには、ログフォーマット解析を支援するULP(Universal Log Parser)を搭載し、正規表現などの複雑な条件式の記述を要さずGUI上でのマウス操作だけでログの構文解析定義の作成ができる。

《高橋 潤哉( Junya Takahashi )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

    P2Pネットワーク監視サービス「P2P FINDER」がBitTorrentに対応(クロスワープ)

  2. 苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

    苗字でメール送信 社内システムで見た下の名前で誤送信気づく、1時間以内に対応完了

  3. 「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案

    「ここだけは絶対に守る そんな領域を作ろう」セキュリティベンダとしての日本HPの提案PR

  4. LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

    LINEセキュリティチーム vs フィッシング詐欺、ゼロからの戦い

  5. ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

    ドメイン名ハイジャック対応、日本企業のベストプラクティス事例

  6. JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

    JNSA 資料公開~「身代金支払」「インテリジェンスは合法か」セキュリティの法的議論 国際動向

  7. オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

    オリエンタルコンサルタンツへのランサムウェア攻撃、新たに東京都の委託業務の被害も発覚

  8. 大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

    大手キャリアが「SOC1 Type1報告書」「SOC2 Type1報告書」同時取得

  9. 海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

    海産珍味取扱い「伊勢せきやオンラインショップ」に不正アクセス、カード情報が流出

  10. マイクロソフトが9月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済脆弱性が1件

    マイクロソフトが9月のセキュリティ情報公開、悪用の事実確認済脆弱性が1件

ランキングをもっと見る