IIJ、マネージド型ZTNAサービスをアジア圏の日系企業に向け提供 | ScanNetSecurity
2023.02.08(水)

IIJ、マネージド型ZTNAサービスをアジア圏の日系企業に向け提供

株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月25日、マネージド型のゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)サービス「Safous」を、同日から提供開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
サービスイメージ図
サービスイメージ図 全 1 枚 拡大写真
 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は8月25日、マネージド型のゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)サービス「Safous」を、中国、シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナムにあるIIJグループ現地法人を通じて各拠点国及び周辺国の日系企業及びローカル企業を対象に同日から提供開始すると発表した。

 IIJが新たに開発したSafousは、イスラエルCyolo社との技術提携によりCyolo社のエージェントレス型ZTNA製品を採用、顧客は端末へのエージェントのインストールや、専用のインフラ基盤を用意する必要がなく、短期間で利用開始できる。Safousはマネージドサービスとして、24時間365日の運用監視や障害復旧支援を提供する。

 Safousは、外部から社内ネットワークに直接通信させないアーキテクチャで、許可されたアプリケーションに対して許可された人・物のみがアクセスするため、企業ネットワークを狙った攻撃のリスクを軽減できる。また、顧客のネットワークに設置する専用のアプリケーションゲートウェイで、認証・認可の制御を行い、端末のアプリケーションや場所、デバイスなどの条件に応じて細かくアクセス制御ができ、多要素認証やシングルサインオンなどの認証方法で、端末の認証を強化できる。さらにエージェントレスでデバイスに依存しないため、PC、タブレット、IoT機器などあらゆるデバイスで活用可能。

 Safousの参考価格は、基本料金は 800 USD、1ユーザあたりのアカウント費用は 10 USDとなっている。

 Safousは今後、Webアクセスのセキュリティ機能(SWG:Secure Web Gateway)や、クラウドの利用状況を可視化する機能(CASB:Cloud Access Security Broker)等を順次追加し、統合的なセキュリティ対策サービスとして開発を進める予定。提供エリアについても、2022年までに欧州及び米国へ拡大する。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

    教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

  2. ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

    ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

  3. 尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

    尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

  4. 不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

    不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

  5. 三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

    三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

  6. 給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

    給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

  7. 東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

    東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

  8. 国内発が多数を占め増え続けるSMSフィッシング、携帯キャリアの対策は? ~ JPAAWG 5th General Meetingレポート-3

    国内発が多数を占め増え続けるSMSフィッシング、携帯キャリアの対策は? ~ JPAAWG 5th General Meetingレポート-3

  9. チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

    チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

  10. 「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

    「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

ランキングをもっと見る