Ghostscriptに任意のコマンド実行が可能な脆弱性 | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

Ghostscriptに任意のコマンド実行が可能な脆弱性

一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月13日、Ghostscriptにおける任意のコマンド実行が可能な脆弱性について注意喚起を発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は9月13日、Ghostscriptにおける任意のコマンド実行が可能な脆弱性について注意喚起を発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

Ghostscript/GhostPDL 9.54.0
Ghostscript/GhostPDL 9.53.3
Ghostscript/GhostPDL 9.52
Ghostscript/GhostPDL 9.50

 Ghostscriptの提供元であるArtifex Software社は現地時間9月9日に、Ghostscriptにおける任意のコマンド実行が可能な脆弱性(CVE-2021-3781)に関するセキュリティアドバイザリを公開した。Ghostscriptが動作するサーバにて、攻撃者が本脆弱性を悪用するコンテンツを処理させることで任意のコマンドを実行する可能性がある。

 JPCERT/CCでは既に、本脆弱性の詳細を解説するとみられる資料や脆弱性を悪用する実証コードの公開を確認している。

 Artifex Software社では、本脆弱性を修正するパッチを公開しており、また、本脆弱性を修正するGhostscript/GhostPDL 9.55.0は9月末頃に公開予定。

 JPCERT/CCでは、本脆弱性への早期の対策実施が難しい場合は、脆弱性を悪用する攻撃の影響を軽減するために、ImageMagickなどのGhostscriptを呼び出すプログラムにてフィルター設定の見直しを検討することを推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

    モリサワ他と損害賠償金4,500万円支払で調停成立~フォント不正コピーの印刷会社

  2. 静岡大学のクラウドサーバに不正アクセス、約53,000通の迷惑メール送信の踏み台に

    静岡大学のクラウドサーバに不正アクセス、約53,000通の迷惑メール送信の踏み台に

  3. 新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

    新生銀行グループのアプラス、約48万件のカード会員向けログイン情報を委託先2社に誤って提供

  4. IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

    IPAと経産省、「Qubit Chain(旧SIMIAチェーン)」プロジェクトと無関係と強調

  5. 山口県でスーパーマーケット展開する丸久の委託先ジーアールに不正アクセス、25,693件の個人情報流出

    山口県でスーパーマーケット展開する丸久の委託先ジーアールに不正アクセス、25,693件の個人情報流出

  6. オンラインスーパーを管理する東芝テック 委託先ジーアール社に不正アクセス、顧客情報6,337件流出

    オンラインスーパーを管理する東芝テック 委託先ジーアール社に不正アクセス、顧客情報6,337件流出

  7. ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

    ソフトウェアベンダの不手際トップ10、第1位はアクセスコントロールの不備 ~ OWASP発表

  8. JPRS、Windows DNSの複数の脆弱性情報を公開

    JPRS、Windows DNSの複数の脆弱性情報を公開

  9. 学部内の情報交換に使用した「LINE」トークルームに何者かが参加、180日分のトーク履歴が流出

    学部内の情報交換に使用した「LINE」トークルームに何者かが参加、180日分のトーク履歴が流出

  10. 新たに倉敷市でも発覚したオリエンタルコンサルタンツグループへのランサムウェア攻撃、登記簿情報も流出の可能性

    新たに倉敷市でも発覚したオリエンタルコンサルタンツグループへのランサムウェア攻撃、登記簿情報も流出の可能性

ランキングをもっと見る