オンラインスーパーを管理する東芝テック 委託先ジーアール社に不正アクセス、顧客情報6,337件流出 | ScanNetSecurity
2024.06.19(水)

オンラインスーパーを管理する東芝テック 委託先ジーアール社に不正アクセス、顧客情報6,337件流出

沖縄でスーパーマーケットを経営する株式会社リウボウストアは9月17日、同社の運営するオンラインショップへの不正アクセスによる個人情報流出について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 3 枚 拡大写真
 沖縄でスーパーマーケットを経営する株式会社リウボウストアは9月17日、同社の運営するオンラインショップへの不正アクセスによる個人情報流出について発表した。

 これはリウボウストアのオンラインショップシステムを管理する東芝テック株式会社の委託先である株式会社ジーアール社のサーバに外部から不正アクセスがあり、調査の結果、個人情報が一部流出した可能性が判明したというもの。

 流出した可能性があるのは、2021年3月25日午前12時30分14秒時点でオンラインショップに会員登録されているデータ1,201件と、2021年4月8日午前10時28分時点で土用丑の「うなぎ」やボジョレーヌーボーのワイン等を店頭で予約したデータ5,136件の合計6,337件。これらの個人情報には氏名、性別、会社名、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレスが含まれている。

 リウボウストアによると、東芝テック株式会社の委託先である株式会社ジーアール社では9月1日に、専用サーバでの調査を行ったところ、情報漏えいの痕跡を発見し、ジーアール社の共用サーバを利用する複数の企業にて個人情報を抜き取ることができる第三者からの不正アクセスが確認され、9月4日にジーアール社からリウボウストアに情報漏えい件数と内容の報告があったとのこと。

 リウボウストアでは9月6日より、別のシステム管理会社にてオンラインショップを運用している。

 リウボウストアでは沖縄県個人情報保護審査会と行政機関である個人情報保護委員会へ報告を行っている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

    グリコの基幹システム障害、一部商品出荷を 6 / 25 以降再開

  2. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  3. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  4. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  5. オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

    オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

  6. 「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

    「プレミアムバンダイ」会員情報漏えいの可能性、委託先従業員が私物ハードディスクを使用

  7. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  8. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  9. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  10. セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨

    セキュリティ企業の セキュリティ企業による セキュリティ企業のための投資ファンド ~ GSX 青柳史郎が語る「日本サイバーセキュリティファンド」設立趣旨PR

ランキングをもっと見る