非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」 | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」

この込み入った状況を打開する理論的な方法はのひとつは、個人の身元を明らかにするようなデータをひたすら取り除き続けることだ。しかし、データを削除するたびに、データセットの価値が下がってしまうとイールケ・ボイテン教授は警告する。

国際 TheRegister
非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」
非識別化と再識別化:後編「企業のデータスキャンダルの新しい火種」 全 1 枚 拡大写真
前編

 複数のデータセットが利用可能になると、再識別化の問題はさらに深刻になるとワン氏は警告する。「複数のソースから収集しても、お互いに関連付けられる情報はたくさんあります」と彼女は言う。個別に見ると問題のないように見えるデータセットでも、組み合わせることでその情報を相互参照することができる。「そうすると、驚くような情報が数多く判明するのです。」

 英 ICO が独自の「匿名化規範ガイド」(アノニマイゼーション・コード)(PDF)で概説しているように、問題は、自分に関して他にどのようなデータが出回っているのかわからないし、それが誰かしらによって匿名データセットとどのようにマッピングされるかも、決してわからないということだ。また、明日どのようなデータが表面化するのか、再識別化技術がどのように進化するのかも定かではない。データブローカーが、所有者の知らないところで位置情報・アクセスデータを容易く販売していることも、危険性を高めている。

《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

  2. 転職先で営業活動に活用、プルデンシャル生命保険 元社員 顧客情報持ち出し

    転職先で営業活動に活用、プルデンシャル生命保険 元社員 顧客情報持ち出し

  3. 「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  4. OpenSSLにサービス運用妨害(DoS)の脆弱性

    OpenSSLにサービス運用妨害(DoS)の脆弱性

  5. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

ランキングをもっと見る
PageTop