中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇が同時に津軽海峡を通過 | ScanNetSecurity
2021.11.28(日)

中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇が同時に津軽海峡を通過

防衛省統合幕僚監部は10月18日、中国及びロシア海軍艦艇の動向について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
中国海軍艦艇
中国海軍艦艇 全 1 枚 拡大写真
 防衛省統合幕僚監部は10月18日、中国及びロシア海軍艦艇の動向について発表した。

 同省によると10月18日午前8時頃に、海上自衛隊が北海道奥尻島の南西約110kmの海域において、同海域を東進する中国海軍レンハイ級ミサイル駆逐艦1隻、ルーヤンIII級ミサイル駆逐艦1隻、ジャンカイII級フリゲート2隻及びフチ級補給艦1隻並びにロシア海軍ウダロイI級駆逐艦2隻、ステレグシチー級フリゲート2隻及びマルシャル・ネデリン級ミサイル観測支援艦1隻を確認しており、その後、これらの艦艇は津軽海峡を東進し、太平洋へ向け航行している。これら中国艦艇は10月11日に、対馬の南西海域で確認され、その後、対馬海峡を北東進したものと同一。

 中国海軍艦艇とロシア海軍艦艇が同時に津軽海峡を通過することを同省が確認したのは、今回が初めてという。

 防衛省・自衛隊では、海上自衛隊第2航空群所属「P-3C」(八戸)、第45掃海隊所属「いずしま」及び「あおしま」(函館)で所要の情報収集・警戒監視を行っている。

 国家主導のサイバー攻撃といえばロシアや中国がすぐに思い浮かぶが、こういった海軍艦艇の動向もサイバー領域と地続きの事象である。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

    「Emotet」テイクダウンから復活 ~ トレンドマイクロが動向やテイクダウン前との違いを解説

  2. Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

    Apache HTTP Server における URI の検証不備によるディレクトリトラバーサルの脆弱性(Scan Tech Report)

  3. サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike  2021年度 脅威ハンティングレポート公開

    サイバー攻撃者とハンティングチーム 365日間の「対話」~ CrowdStrike 2021年度 脅威ハンティングレポート公開PR

  4. 日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

    日本薬学会Webサイトへ不正アクセス、緊急メンテナンスを実施し復旧

  5. Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

    Googleフォームの誤設定事案、コロナ感染防止策用の健康調査リストが閲覧可能に

  6. C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

    C&Cサーバ検知と通信の秘密、総務省「電気通信事業におけるサイバー攻撃への適正な対処 第四次とりまとめ」公表

  7. トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

    トレンドマイクロ、BEC攻撃者が悪用する5つの主要なメールチャネルについて解説

  8. 平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

    平成18年のサイバー犯罪の検挙件数や特徴などを発表(警察庁)

  9. 「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

    「持続不可能」な日本の DX ~ 中国よりもサステナビリティ経営の意識低く、調査対象中堂々最下位

  10. proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

    proofpoint、日本で新しい情報保護及びクラウドセキュリティプラットフォームを販売開始

ランキングをもっと見る