MBSD、ランサムウェア「LockBit2.0」全118ページの解析結果共有 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

MBSD、ランサムウェア「LockBit2.0」全118ページの解析結果共有

三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は10月27日、ホワイトペーパー「ランサムウェア『LockBit2.0』の内部構造を紐解く」を公開した。表紙を含めて全118ページのPDFファイルで、同社Webサイトから登録不要の無料でダウンロードできる。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
ランサムウェア『LockBit2.0』の内部構造を紐解く
ランサムウェア『LockBit2.0』の内部構造を紐解く 全 1 枚 拡大写真
 三井物産セキュアディレクション株式会社(MBSD)は10月27日、ホワイトペーパー「ランサムウェア『LockBit2.0』の内部構造を紐解く」を公開した。表紙を含めて全118ページのPDFファイルで、同社Webサイトから登録不要の無料でダウンロードできる。

 リークサイトを持つ暴露型ランサムウェア攻撃グループの中で現在最も活発な攻撃グループ「LockBit2.0」では、そのリークサイト上でいきなり窃取データを暴露するのではなく「被害組織名」とともに「暴露までの残り時間」をリアルタイムでカウントし被害組織に圧力をかけている。よってリークサイトに初めて掲載された時点では被害組織と攻撃者間で金銭の支払いに関する交渉が行われているか、または交渉前の段階が多いと考えられる。

 LockBit2.0 の開発者はサイト上で、LockBit2.0 のランサムウェアが世界で最も暗号化速度が速く他の
ランサムウェアよりも優れていると攻撃の実働部隊であるアフィリエイトに向け詳細にアピールしており、他のランサムウェアには無い新しい技術も搭載しているとのコメントを掲載しているが、MBSDではランサムウェア「LockBit2.0」本体に着目し詳細解析を実施、本ホワイトペーパーで全ての解析結果を共有している。

 本ホワイトペーパーでは、ランサムウェア「LockBit2.0」の概要としてその特徴を項目ごとに挙げ、表層解析や解析を妨害する機能、感染環境の言語チェックをはじめとする機能や動作について、図入りで詳細に解説している。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  3. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. クラウドへ攻撃受け苦節11年、CrowdStrikeがクラウドのセキュリティセミナー開催

    クラウドへ攻撃受け苦節11年、CrowdStrikeがクラウドのセキュリティセミナー開催PR

ランキングをもっと見る
PageTop