そのパッチ本当に必要? リスクベース脆弱性管理とは | ScanNetSecurity
2023.02.01(水)

そのパッチ本当に必要? リスクベース脆弱性管理とは

脆弱性ハンドリングにおいてもっとも効果的な対応策は「公開されたセキュリティパッチを当てること」だろう。これはゆるぎない事実であり、いまも将来も変わらない対策の基本中の基本といえる。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
オンラインセミナーで講演するグレイグ・ローソン氏
オンラインセミナーで講演するグレイグ・ローソン氏 全 5 枚 拡大写真
 脆弱性が報告され、パッチが公開されたら、それをあてる。しごく単純なことだが、運用の現場でこの単純業務は決してシンプルなものではない。

 ScanNetSecurity 読者のような、冷静で経験豊富なセキュリティ管理者なら、脆弱性ハンドリングのフレームワークが規定するCVSSのランク、インパクトを必ずしも数値どおりに判断しないかもしれない。理由は、これらの指標が平均的な前提条件、攻撃を受けたときの影響度・深刻度を表すものだ、ということを知っているからだ。

 本稿では2020年末に開催された セキュリティ&リスク・マネジメント サミットの、ガートナー アナリスト グレイグ・ローソン氏の講演「脆弱性管理のための戦略的ビジョン」の要旨をもとに構成する。

●リスクベースの脆弱性管理とは

 リスクベースの考え方は 25 年以上前から存在する。決して新しいものではないが、脆弱性管理の視点で注目されたのは比較的最近かもしれない。セキュリティの常識として、脅威やリスクは、国、事業者、守りたい資産によって異なるものだ。リスクベースの脆弱性管理は、自身や自社が対峙する脅威環境を定量化する行為でもある。定量化はもちろんデータによって裏付けられる。

《中尾 真二( Shinji Nakao )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. IPA、セキュリティ予算獲得「経営層説得」ツール公開

    IPA、セキュリティ予算獲得「経営層説得」ツール公開

  2. 複数の条件満たすことでDBへの侵入許す恐れ、フォレンジック調査の結果を公表

    複数の条件満たすことでDBへの侵入許す恐れ、フォレンジック調査の結果を公表

  3. カジュアルファッション取り扱いアダストリアのサーバへ不正アクセス、100万件の個人情報が流出した可能性

    カジュアルファッション取り扱いアダストリアのサーバへ不正アクセス、100万件の個人情報が流出した可能性

  4. チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

    チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

  5. ユービーセキュア・NRIセキュア・GSXの3社でクラウド型Webアプリケーション診断ツールを開発

    ユービーセキュア・NRIセキュア・GSXの3社でクラウド型Webアプリケーション診断ツールを開発

  6. Proofpoint Blog 第21回「夢は(オマエの財布から)ガッポリ、北朝鮮の“スタートアップ”APT「TA444」とは?」

    Proofpoint Blog 第21回「夢は(オマエの財布から)ガッポリ、北朝鮮の“スタートアップ”APT「TA444」とは?」

  7. DX推進 重視する人材「情報セキュリティ担当」最多47.9%

    DX推進 重視する人材「情報セキュリティ担当」最多47.9%

  8. ISC BINDに複数の脆弱性

    ISC BINDに複数の脆弱性

  9. Apache HTTP Server 2.4に複数の脆弱性

    Apache HTTP Server 2.4に複数の脆弱性

  10. 「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

    「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

ランキングをもっと見る