複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性 | ScanNetSecurity
2022.01.27(木)

複数のエレコム製 LAN ルーターに複数の脆弱性

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月30日、複数のエレコム製 LAN ルーターにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は11月30日、複数のエレコム製 LAN ルーターにおける複数の脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。三井物産セキュアディレクション株式会社の塚本泰三氏と山本知典氏、サイバーセキュリティ研究団の今岡陵氏と今岡稔雄氏、株式会社サイバーディフェンス研究所の永岡悟氏が報告を行っている。影響を受けるシステムは以下の通り。

・CVE-2021-20852、CVE-2021-20853、CVE-2021-20854、CVE-2021-20855、CVE-2021-20856
WRH-733GBK ファームウェア v1.02.9 およびそれ以前
WRH-733GWH ファームウェア v1.02.9 およびそれ以前

・CVE-2021-20857、CVE-2021-20858
WRC-2533GHBK-I ファームウェア v1.20 およびそれ以前

・CVE-2021-20859、CVE-2021-20860、CVE-2021-20861
WRC-1167GST2 ファームウェア v1.25 およびそれ以前
WRC-1167GST2A ファームウェア v1.25 およびそれ以前
WRC-1167GST2H ファームウェア v1.25 およびそれ以前
WRC-2533GS2-B ファームウェア v1.52 およびそれ以前
WRC-2533GS2-W ファームウェア v1.52 およびそれ以前
WRC-1750GS ファームウェア v1.03 およびそれ以前
WRC-1750GSV ファームウェア v2.11 およびそれ以前
WRC-1900GST ファームウェア v1.03 およびそれ以前
WRC-2533GST ファームウェア v1.03 およびそれ以前
WRC-2533GSTA ファームウェア v1.03 およびそれ以前
WRC-2533GST2 ファームウェア v1.25 およびそれ以前
WRC-2533GST2SP ファームウェア v1.25 およびそれ以前
WRC-2533GST2-G ファームウェア v1.25 およびそれ以前
EDWRC-2533GST2 ファームウェア v1.25 およびそれ以前

 エレコム株式会社が提供する複数のLANルーターには、複数の脆弱性が存在し下記の影響を受ける可能性がある。

・バッファオーバーフロー(CVE-2021-20852)
→当該製品の管理画面にログイン可能な隣接するネットワーク上の第三者によって任意のOSコマンドを実行される

・OS コマンドインジェクション(CVE-2021-20853、CVE-2021-20854)
→当該製品の管理画面にログイン可能な隣接するネットワーク上の第三者によって任意のOSコマンドを実行される

・クロスサイトスクリプティング(CVE-2021-20855、CVE-2021-20856)
→該製品にログインしているユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトが実行される

・クロスサイトスクリプティング(CVE-2021-20857)
→該製品にログインしているユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトが実行される

・クロスサイトスクリプティング(CVE-2021-20858)
→該製品にログインしているユーザのWebブラウザ上で任意のスクリプトが実行される

・OS コマンドインジェクション(CVE-2021-20859)
→当該製品にログイン可能な隣接するネットワーク上の第三者によって任意のOSコマンドを実行される

・クロスサイトリクエストフォージェリ(CVE-2021-20860)
→当該製品にログインした状態のユーザが細工されたページにアクセスした場合、意図しない操作をさせられる

・アクセス制限不備(CVE-2021-20861)
→隣接するネットワーク上の第三者によって認証なしで管理画面にアクセスされる

 JVNでは、開発者が提供する情報をもとに、ファームウェアを最新版へアップデートするよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 衣料品取り扱い「MONCLER」にサイバー攻撃、個人情報が流出した可能性

    衣料品取り扱い「MONCLER」にサイバー攻撃、個人情報が流出した可能性

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第 46 回 「ざんねんなセキュリティ事典」(前編)

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第 46 回 「ざんねんなセキュリティ事典」(前編)

  3. メタップスペイメントの「トークン方式」データベースに不正アクセス、「イベントペイ」「会費ペイ」サービス停止

    メタップスペイメントの「トークン方式」データベースに不正アクセス、「イベントペイ」「会費ペイ」サービス停止

  4. PC版「ダークソウル」シリーズのサーバを一時停止、攻撃者が任意のコードを実行できる脆弱性

    PC版「ダークソウル」シリーズのサーバを一時停止、攻撃者が任意のコードを実行できる脆弱性

  5. メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

    メタップスペイメント「会費ペイ」で不正アクセス発生、サービス利用団体で決済を停止

  6. メタップスペイメント「会費ペイ」「イベントペイ」への不正アクセス、不正利用が疑われるケースが複数発生

    メタップスペイメント「会費ペイ」「イベントペイ」への不正アクセス、不正利用が疑われるケースが複数発生

  7. 編集長対談:世界で最も安全なバグバウンティ、クラウドソーシングでサイバー攻撃に競争原理を ~ Synack 三好 一久

    編集長対談:世界で最も安全なバグバウンティ、クラウドソーシングでサイバー攻撃に競争原理を ~ Synack 三好 一久PR

  8. サーバへ不正アクセス「ほくせんカード」「ローンカードOUEN」新規申込停止

    サーバへ不正アクセス「ほくせんカード」「ローンカードOUEN」新規申込停止

  9. OneDrive、マルウェア配付に悪用された2大サービスのひとつに

    OneDrive、マルウェア配付に悪用された2大サービスのひとつに

  10. スキンケア製品取り扱い「ビーグレンHP」に不正アクセス、46,702名分のカード情報流出

    スキンケア製品取り扱い「ビーグレンHP」に不正アクセス、46,702名分のカード情報流出

ランキングをもっと見る