Emotetの感染手口に変化、PDF閲覧ソフトを偽装 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

Emotetの感染手口に変化、PDF閲覧ソフトを偽装

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月9日、Emotetの攻撃活動再開後の状況について発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
メールから誘導される偽のウェブサイトの例(2021年12月)
メールから誘導される偽のウェブサイトの例(2021年12月) 全 1 枚 拡大写真

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は12月9日、Emotetの攻撃活動再開後の状況について発表した。

 IPAによると、11月14日頃からEmotetの攻撃活動再開の兆候が確認されたという情報があり、ウイルス感染手口に変化がありつつ、12月現在も攻撃が継続している。IPAに対し、少数ながら企業等から被害相談もあり、再び被害拡大の可能性があり、改めて注意を呼びかけている。

 IPAによると、2021年11月以降にOffice文書ファイルのマクロ機能を悪用するものとは異なり、メール本文中のURLリンクをクリックすると、閲覧可能なPDF文書ファイルが存在するかのような画面(攻撃者の用意した偽のWebサイト)へ誘導され、そこでPDF文書ファイルの閲覧ソフトを装ったウイルスファイルをダウンロードさせ、利用者に実行させるという手口が確認されている。

 IPAでは、偽のWebサイトの見た目や、ダウンロードさせられるファイルの種類などの細かい手口は変化していく可能性があり、基本的な対策として安全であると判断できない場合はダウンロードしたファイルの開封や実行をしないことが重要としている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

  10. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

ランキングをもっと見る