ISOG-J、GraphQL脆弱性診断ガイドラインを公開 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

ISOG-J、GraphQL脆弱性診断ガイドラインを公開

 日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は12月25日、「GraphQL脆弱性診断ガイドラインについて」を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 日本セキュリティオペレーション事業者協議会(ISOG-J)は12月25日、「GraphQL脆弱性診断ガイドラインについて」を公開した。

 同資料は、ISOG-J WG1 の新技術に対する診断手法分科会によってまとめられたGraphQLに関する脆弱性診断のガイドラインで、日本でも普及が進むGraphQLにおける脆弱性の概要や開発者が自身でテストできる診断手法の確立を目的に三井物産セキュアディレクション株式会社の廣田 一貴氏、山本 健太氏、洲崎 俊氏、株式会社セキュアスカイ・テクノロジーの岩間 湧氏、NRIセキュアテクノロジーズ株式会社の田中 悠一郎氏、LINE株式会社の林 義徳氏が執筆している。

 同資料ではまず脆弱性を診断する視点から各脆弱性の概要を説明、そして開発者も自身でテストできるように診断手法や、実際に報告された脆弱性の事例も記載している。同資料の内容は下記の通り。

GraphQL診断ガイドラインについて
GraphQLの概要
GraphQLで起こりやすい問題
GraphQL特有でない問題
Appendix

 なお、一般的なWebアプリケーションの脆弱性については紹介にとどめており、「Webアプリケーション脆弱性診断ガイドライン」等と合わせて読むことを推奨している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

  10. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

ランキングをもっと見る