2021年 上場企業の情報漏えいの半数はサイバー攻撃 ~ 東京商工リサーチ 調査 | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

2021年 上場企業の情報漏えいの半数はサイバー攻撃 ~ 東京商工リサーチ 調査

 株式会社東京商工リサーチは1月17日、上場企業とその子会社における2021年の個人情報漏えい・紛失事故の調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
ウイルス感染・不正アクセスによる事故 発生推移
ウイルス感染・不正アクセスによる事故 発生推移 全 1 枚 拡大写真

 株式会社東京商工リサーチは1月17日、上場企業とその子会社における2021年の個人情報漏えい・紛失事故の調査結果を発表した。

 同調査によると、2021年に公表された情報漏えい・紛失事故は120社137件で、漏えいした個人情報は574万9,773人分に達し、2012年以降の10年間で社数と事故件数はともに最多を記録している。調査を開始した2012年から2021年までの累計では496社、事故件数は925件となり、全上場企業(約3,800社)の1割以上を占め、漏えい・紛失した可能性のある個人情報は累計1億1,979万人分とほぼ日本の人口に匹敵している。

 2021年の不正アクセスなどのサイバー攻撃による事故は66社68件で、社数・事故件数ともに3年連続で最多を更新している。

 2021年は個人情報100万件以上の漏えいは2件発生し、ネットマーケティングの恋活・婚活マッチングアプリの管理サーバへの不正アクセスが171万件、ANAホールディングスに予約システムを提供するスイス国際航空情報通信機構(SITA社)への不正アクセスが100万件となっている。

 2021年の情報漏えい・紛失事故の137件の原因としては、「ウイルス感染・不正アクセス」が68件(49.6%)で最多となり約5割を占めた。次いで「誤表示・誤送信」が43件(同31.3%)、「紛失・誤廃棄」が16件(同11.6%)と続いた。

 1事故あたりの情報漏えい・紛失件数の平均は「ウイルス感染・不正アクセス」が11万745件で、紙媒体が中心の「紛失・誤廃棄」(平均3万2,818件)などに比べ突出している。2021年の「ウイルス感染・不正アクセス」が原因の事故68件の漏えい・紛失件数は454万554件に及び、2021年全体(574万9,773件)の約8割(78.9%)を占める。

 2021年の情報漏えい・紛失事故137件のうち、クレジットカード情報が漏えいした可能性を公表した事故は10件(構成比7.2%)あった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  5. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  6. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  7. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

  8. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  9. さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

    さくらインターネットを騙るフィッシングメールに注意喚起

  10. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

ランキングをもっと見る