金融機関装ったマネーロンダリング対策騙るフィッシングメール ~ 金融庁が注意喚起 | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

金融機関装ったマネーロンダリング対策騙るフィッシングメール ~ 金融庁が注意喚起

 金融庁は1月17日、金融機関を装ったマネー・ローンダリング等の対策を騙ったフィッシングメールへの注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
フィッシングメール・SMSの例
フィッシングメール・SMSの例 全 1 枚 拡大写真

 金融庁は1月17日、金融機関を装ったマネー・ローンダリング等の対策を騙ったフィッシングメールへの注意喚起を発表した。

 同庁によると、金融機関を装って、マネー・ローンダリングやテロ資金供与、拡散金融対策の名目で、利用者の口座の暗証番号やインターネットバンキングのログインID・パスワード、クレジットカード、キャッシングカード番号等を不正に入手しようとするフィッシングメールが確認されているという。

 金融機関等では現在、マネー・ローンダリング等の対策の一環として取引内容や状況等に応じ、過去に確認した氏名、住所、生年月日、職業や取引の目的等について、窓口や郵送書類等で再度確認行う場合があるが、利用者の暗証番号やインターネットバンキング等のログインID・パスワード等をメールやSMSで問い合わせることや、メールやSMSでWebサイトに誘導した上で入力を求めるようなことはない。

 同庁ではフィッシングの被害に遭わないために、心当たりのないメールやSMSに掲載されたリンク等は開かない、不審なメールやSMS等を受信した場合には直接金融機関に問い合わせる、金融機関のWebサイトへのアクセスの際は事前に正しいURLをブックマーク登録しておきアクセスする、各金融機関のWebサイトでインターネットバンキングのパスワード等をメールやSMS等で求めないといった情報を確認する、パソコンのセキュリティ対策ソフトを最新版にするといった対策を行い、注意するよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る