情報漏えいした上場企業の株価、最大下落率は21.6%に | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

情報漏えいした上場企業の株価、最大下落率は21.6%に

 株式会社サイバーセキュリティクラウドは2月17日、2021年公表のサイバー攻撃に関する個人情報漏えい事案に基づいた「個人情報漏洩被害公表と株価の変化に関する調査レポート」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
個人情報漏えい被害がもたらす企業の株価の変化
個人情報漏えい被害がもたらす企業の株価の変化 全 1 枚 拡大写真

 株式会社サイバーセキュリティクラウドは2月17日、2021年公表のサイバー攻撃に関する個人情報漏えい事案に基づいた「個人情報漏洩被害公表と株価の変化に関する調査レポート」を発表した。

 同調査は2021年1月1日から12月31日に公表された法人・団体における不正アクセスに関する被害規模1,000件以上の主な個人情報流出事案110件について、個人情報漏えい被害がもたらす企業の株価への影響を調査したもの。

 同調査によると、対象となった110件の個人情報漏えい事案のうち約2割となる24件が上場企業で発生し、そのうち18件がサイバー攻撃による個人情報漏えい事案であることが判明した。

 被害にあった上場企業で、情報漏えいに関する適時開示の前日と翌日の株価終値を比較したところ、約8割となる14社の株価が下落し、最大下落率は21.6%、平均下落率は2.8%となった。14社の情報漏えいに関する適時開示前日と適時開示を行った30日後、60日後を比較したところ、平均下落率がそれぞれ5.2%、5.0%となり、30日後まで下落幅が拡大し続けることが明らかになった。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  4. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  8. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  9. インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

    インテンス運営「fofo」に不正アクセス、15,198 件のカード情報が漏えい

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る