Redis の Lua スクリプティング機能におけるサンドボックス機構が回避可能となる脆弱性(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity
2024.04.20(土)

Redis の Lua スクリプティング機能におけるサンドボックス機構が回避可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

2022 年 1 月に、データベースソフトウェアである Redis に遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。

脆弱性と脅威 エクスプロイト
Redis の Lua スクリプティング機能におけるサンドボックス機構が回避可能となる脆弱性(Scan Tech Report)
Redis の Lua スクリプティング機能におけるサンドボックス機構が回避可能となる脆弱性(Scan Tech Report) 全 1 枚 拡大写真

◆概要
 2022 年 1 月に、データベースソフトウェアである Redis に遠隔からの任意のコード実行が可能となる脆弱性が報告されています。攻撃者が脆弱性の悪用に成功した場合は、Redis が稼働しているサーバへの侵入が可能となります。ソフトウェアのアップデートにより対策してください。

◆分析者コメント
 本脆弱性は Redis の中でも Debian または Ubuntu 向けのパッケージにのみ存在する脆弱性です。Redis の Lua スクリプティング機能が使用できるユーザであれば容易に悪用可能な脆弱性であるため、Debian または Ubuntu を用いて Redis サーバを利用している場合は早急に対策してください。

◆深刻度(CVSS)
10.0
https://nvd.nist.gov/vuln-metrics/cvss/v3-calculator?name=CVE-2022-0543&vector=AV:N/AC:L/PR:N/UI:N/S:C/C:H/I:H/A:H&version=3.1&source=NIST

◆影響を受けるソフトウェア
 Redis のバージョン 4 より新しく 6.1 より古いもののうち、以下のバージョンの Debian または Ubuntu 向けのパッケージが影響を受けます。

+ Debian
- Debian 9.0
- Debian 10.0
- Debian 11.0

+ Ubuntu
- Ubuntu 20.04 LTS
- Ubuntu 21.10

◆解説
 NoSQL データベースソフトウェアである Redis に、遠隔からの任意のコード実行に悪用可能な脆弱性が報告されています。


《株式会社ラック デジタルペンテスト部》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 東京高速道路のメールアカウントを不正利用、大量のメールを送信

    東京高速道路のメールアカウントを不正利用、大量のメールを送信

  2. 診断書を紛失、レターパック追跡サービスで保健所での受取までは確認(埼玉県)

    診断書を紛失、レターパック追跡サービスで保健所での受取までは確認(埼玉県)

  3. ASUS ルータの認証情報漏えい、対策を NICTER Blog が解説

    ASUS ルータの認証情報漏えい、対策を NICTER Blog が解説

  4. セキュリティ対策は株価を上げるのか ~ 株主総利回り(TSR)の平均値は高い傾向

    セキュリティ対策は株価を上げるのか ~ 株主総利回り(TSR)の平均値は高い傾向

  5. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

ランキングをもっと見る
PageTop