トレンドマイクロ、Microsoft製品のゼロデイ脆弱性「Follina(CVE-2022-30190)」に注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

トレンドマイクロ、Microsoft製品のゼロデイ脆弱性「Follina(CVE-2022-30190)」に注意を呼びかけ

 トレンドマイクロ株式会社は6月1日、Microsoft製品のゼロデイ脆弱性「Follina(CVE-2022-30190)」について同社ブログで発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
脆弱性Follinaの悪用シナリオの例
脆弱性Follinaの悪用シナリオの例 全 1 枚 拡大写真

 トレンドマイクロ株式会社は6月1日、Microsoft製品のゼロデイ脆弱性「Follina(CVE-2022-30190)」について同社ブログで発表した。

 マイクロソフトは米国時間5月30日に、Microsoft Support Diagnostic Tool(MSDT)に関する脆弱性(CVE-2022-30190)を公表した。同脆弱性は、WordなどOffice文書ファイルにおけるリモートテンプレート機能が悪用されることで、MSDT経由で任意のコードの実行が可能となるもので、「Follina」という通称が命名されている。同脆弱性を攻撃者が悪用することで、ユーザ権限で不正なプログラムのインストールや、データの閲覧/削除/変更、アカウント新規作成などを行える可能性がある。

 同脆弱性を利用する攻撃のシナリオとしては、メールやWeb経由で不正ファイルを攻撃対象者に送り開封させることで、攻撃対象者のローカル環境でPowerShellを実行することが想定される。

 トレンドマイクロは基本的な回避策として、不用意に不審な添付ファイル等を開封しないこと、「保護ビュー」を解除することで攻撃が実行されるため、不用意に「保護ビュー」を解除しないことを推奨している。またマイクロソフトでは、同脆弱性を突いた攻撃の回避策として、MSDTプロトコルの無効化を案内している。

《ScanNetSecurity》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る