IIJ、「NGINX」 のアクセス制御機能「ngx_auth_mod」をGitHubで無償提供 | ScanNetSecurity
2023.02.08(水)

IIJ、「NGINX」 のアクセス制御機能「ngx_auth_mod」をGitHubで無償提供

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は6月14日、Webサーバソフトウェア「NGINX」 と組み合わせて利用するアクセス制御機能「ngx_auth_mod」のGitHubでの無償提供の開始を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は6月14日、Webサーバソフトウェア「NGINX」 と組み合わせて利用するアクセス制御機能「ngx_auth_mod」のGitHubでの無償提供の開始を発表した。

 NGINXは、Igor Sysoev氏が2004年に開発・公開したWebサーバソフトウェアで、大規模WebサイトやCDNなどで広く使われている。NGINXには機能を拡張するためのモジュールが多数提供され、その中にはNGINXの一部として配布されているもの、第三者が配布しているものがある。

 NGINXをアクセス制限が必要な社内ポータルサイトなどで利用する際は、利用者を確認してアクセス可否を決定するための「認証モジュール」を追加する必要があるが、IIJが開発した「ngx_auth_mod」では、NGINXの認証機能と社内のWindowsアカウント(Active Directory)をLDAP方式で連携させる。ngx_auth_modを使用することで、普段Windowsで利用するアカウント・パスワードをそのままWebのアクセス制御に利用でき、安全性と利便性の両立が可能となる。

 他の開発者から提供されてきたNGINX用LDAP認証モジュールと比較して、「ngx_auth_mod」はセキュリティに配慮した設計となり、設定がより容易となっている。

 IIJが開発した「ngx_auth_mod」は、第三者配布のモジュールとしてGitHubでオープンソース提供する。

《高橋 潤哉》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

    教員MLのつもりが学生MLへ、就職支援に係るメールを誤送信

  2. ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

    ファイル誤添付メール送信で戒告の懲戒処分

  3. 尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

    尼崎市職員の公用スマホ紛失、虚偽報告が判明し懲戒処分に

  4. 不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

    不正アクセスで決済サービス停止中のメタップスペイメント、1月31日より順次再開

  5. 三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

    三春情報センターがEmotet感染、300件程度のアドレス帳データが流出した可能性

  6. 給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

    給油所でシステム障害発生 8時間給油停止に

  7. 東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

    東京機械製作所の連結子会社にランサムウェア攻撃、「LOCKBIT2.0」の表示

  8. 国内発が多数を占め増え続けるSMSフィッシング、携帯キャリアの対策は? ~ JPAAWG 5th General Meetingレポート-3

    国内発が多数を占め増え続けるSMSフィッシング、携帯キャリアの対策は? ~ JPAAWG 5th General Meetingレポート-3

  9. チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

    チューリッヒ「スーパー自動車保険」加入者の情報が漏えい、外部委託業者が不正アクセス被害

  10. 「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

    「Apex Legends」高ランク帯のマッチ向けにDDoS攻撃からの保護機能を実装

ランキングをもっと見る