CrowdStrike Security Cloudで稼働する新たなグラフデータベース「CrowdStrike Asset Graph」発表 | ScanNetSecurity
2022.07.01(金)

CrowdStrike Security Cloudで稼働する新たなグラフデータベース「CrowdStrike Asset Graph」発表

 クラウドストライク株式会社は6月16日、CrowdStrike Security Cloudで稼働する新たなグラフデータベース「CrowdStrike Asset Graph」を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 クラウドストライク株式会社は6月16日、CrowdStrike Security Cloudで稼働する新たなグラフデータベース「CrowdStrike Asset Graph」を発表した。

 「CrowdStrike Asset Graph」では、資産間の複雑なインタラクションを動的に監視、追跡し、そのリスクを包括的かつ一元化して表示し、IT運用の簡略化と侵害阻止を実現する。

 他のソリューションは、コンテキストなしに資産の一覧のみを提供しているが、Asset Graphではデバイスやユーザー、アカウント、アプリケーション、クラウドワークロード、制御テクノロジー(OT)等の全ての資産について適切なセキュリティ衛生管理とセキュリティポスチャ管理のために必要なコンテキストと視覚的に提示し、組織内のリスク軽減を可能にする。

 CrowdStrikeの最高製品責任者兼最高エンジニアリング責任者であるアモル・クルカルニ(Amol Kulkarni)氏は「CrowdStrike Asset Graphにより、企業は既存の資産とその相互関係を確認できるようになります。セキュリティ、ITパフォーマンス、使用率、キャパシティ、ライセンス管理などに関して情報に基づくリスクベースの意思決定を行うことで、IT環境をプロアクティブに保護・管理することができるのです」とコメントしている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

    つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

  2. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

  3. DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?

    DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?PR

  4. Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

    Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

  5. また上野宣が社外取締役、GSX選任

    また上野宣が社外取締役、GSX選任

  6. 尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

    尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

  7. MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

    MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

  8. 矢野経済研究所にSQLインジェクション攻撃、最大101,988件の会員情報が流出

    矢野経済研究所にSQLインジェクション攻撃、最大101,988件の会員情報が流出

  9. 障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

    障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

  10. 市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

    市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

ランキングをもっと見る