ユービーセキュア、オフィスネットワークを攻撃者視点でテスト「オフィスハッキングパック」提供開始 | ScanNetSecurity
2022.07.01(金)

ユービーセキュア、オフィスネットワークを攻撃者視点でテスト「オフィスハッキングパック」提供開始

 株式会社ユービーセキュアは6月21日、ペネトレーションテストの新メニューとして「オフィスハッキングパック」の提供を発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
「オフィスハッキングパック」の疑似攻撃シナリオ
「オフィスハッキングパック」の疑似攻撃シナリオ 全 1 枚 拡大写真

 株式会社ユービーセキュアは6月21日、ペネトレーションテストの新メニューとして「オフィスハッキングパック」の提供を発表した。

 「オフィスハッキングパック」は、顧客のオフィスネットワークに接続された情報端末に疑似マルウェアを配置し、C2通信の成立や情報の窃取、破壊行為等を攻撃者視点でテストを行い、セキュリティリスクやシステム耐性、脆弱性を可視化する。「オフィスハッキングパック」の疑似攻撃シナリオは下記の通り。

1.C2通信の確立(疑似マルウェアを配置し、C2通信が確立した状態を想定)
2.ローカル管理者への特権昇格
3.ドメイン管理者への特権昇格
4.内部ネットワークへの侵入拡大(ADサーバ、バックアップサーバ等)
5.情報の窃取、バックアップ破壊(バックアップデータへのアクセス)

 「オフィスハッキングパック」で対象システムにおける脅威やリスクを明確化することで、優先的に守るべきポイントの整理が可能となる。

 同社ではオフィスハッキングパックのリリースに伴い、期間限定キャンペーンを実施、2022年8月末までの問い合わせと2023年3月末までの実施完了で、通常390万円のところ340万円となる。また、オフィスハッキングパック実施の顧客に、OSINT調査、外部ペネトレーションテストを特別価格で提供する。

《高橋 潤哉》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

    つるぎ町立半田病院「コンピュータウイルス感染事案有識者会議調査報告書」を公開

  2. 「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

    「Webシステム/Webアプリケーションセキュリティ要件書 Ver.4.0」を公開、多要素認証やパスワード等更新

  3. DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?

    DMARC導入企業が半数近くに、猛威振るうあのマルウェアが普及加速の一因か?PR

  4. Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

    Microsoft Edge の IE モードについて公式が解説

  5. また上野宣が社外取締役、GSX選任

    また上野宣が社外取締役、GSX選任

  6. 尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

    尼崎市全市民の住民基本台帳を記録したUSBメモリ、再々委託先が紛失

  7. MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

    MSDTの脆弱性(CVE-2022-30190、Follina)を悪用したWordファイルについて検証

  8. 矢野経済研究所にSQLインジェクション攻撃、最大101,988件の会員情報が流出

    矢野経済研究所にSQLインジェクション攻撃、最大101,988件の会員情報が流出

  9. 障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

    障害者就労支援などを行うLITALICOにランサムウェア攻撃、業務遂行には支障なし

  10. 市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

    市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

ランキングをもっと見る