市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」 | ScanNetSecurity
2024.07.23(火)

市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」

 6 月 19 日、エルサレムやイスラエル南部で 1 時間以上にわたって空襲警報が鳴り響いたが、空襲は実際には起きなかった。一部では、イランが警報を誤作動させたのではないかという声が上がっている。

国際 TheRegister
市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」
市民インフラが標的になるイスラエル、サイバー攻撃の「前科」 全 1 枚 拡大写真

 6 月 19 日、エルサレムやイスラエル南部で 1 時間以上にわたって空襲警報が鳴り響いたが、空襲は実際には起きなかった。一部では、イランが警報を誤作動させたのではないかという声が上がっている。

 犯人は不明のままだが、イスラエルの国家サイバー総局はツイッターで、サイバー攻撃の可能性を強調した。そしてその理由として、当初はイスラエル国防軍の警報が作動したと考えられていたが、実際には自治体の管理する広報システムだったことを挙げている。警報は、紅海に面する港町エイラットでも鳴った。


《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

    2021年の「不正アクセスによる情報流出の可能性に関するお詫びとお知らせ」を2024年9月30日に削除 ~ 丸紅パワー&インフラシステムズ

  2. 世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

    世界規模の障害発生 ~ CrowdStrike CEO ジョージ・カーツ 公式コメント

  3. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

    迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で日本生命保険の個人情報が漏えい

  5. クラウドへ攻撃受け苦節11年、CrowdStrikeがクラウドのセキュリティセミナー開催

    クラウドへ攻撃受け苦節11年、CrowdStrikeがクラウドのセキュリティセミナー開催PR

ランキングをもっと見る
PageTop