脆弱性管理自動化サービス「SIDfm VM」の新バージョンリリース、カスタムタグの実装はじめ3点を強化 | ScanNetSecurity
2022.09.26(月)

脆弱性管理自動化サービス「SIDfm VM」の新バージョンリリース、カスタムタグの実装はじめ3点を強化

 株式会社サイバーセキュリティクラウドは7月29日、脆弱性管理の自動化サービス「SIDfm VM」の新バージョン(2.6.0)を同日リリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
SIDfm VMイメージ図
SIDfm VMイメージ図 全 1 枚 拡大写真

 株式会社サイバーセキュリティクラウドは7月29日、脆弱性管理の自動化サービス「SIDfm VM」の新バージョン(2.6.0)を同日リリースしたと発表した。

 脆弱性情報収集・管理サービス「SIDfm」は、ソフトウェアの脆弱性管理に係る包括的なソリューションサービスブランドで、1999年に商用の脆弱性情報配信サービスとして開始した「SIDfm Biz」や「SIDfm Group」などがある。SIDfmでは、国内外のソフトウェア・ベンダーが発表した脆弱性情報を脆弱性アナリストが精査し、詳細な技術情報やリスク指標、関連情報、パッチ情報、回避方法などの対策情報等を提供している。

 今回の「SIDfm VM」のアップデートでは、下記の3点を強化している。

・カスタムタグの実装
 検出された脆弱性について、デフォルトの「対応ステータス」の他に、ユーザが定義した任意の状態を付与する機能としてカスタムタグを実装。ルールにも対応し、ユーザが手動設定を行わずに自動でカスタムタグの付与・更新が可能となる。

・Windows版VMエージェントのサードパーティ製品対応
 Windows版VMエージェントで、インストールされているアプリケーション情報をVMサーバへの送信内容に追加し、VMサーバで検出アプリケーションとして出力する。

・カテゴリ毎のホスト数制限の実装
 カスタムカテゴリにホスト数の制限を実装し、カスタムカテゴリ内のみのホスト登録権限を持つSIDfm VM報告者権限では、制限されたホスト数内でのみホスト登録を許可するよう実装している。「SIDfm VM」サービスの環境を複数社に展開した場合に、ホスト数の登録可能上限数を対象組織ごとに設定することで、組織ごとの適切なリソース配分が可能となる。

《高橋 潤哉》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

    「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

  2. ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

    ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

  3. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  4. 元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

    元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

  5. セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法

    セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法PR

  6. 日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

    日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

  7. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

    拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

  8. 「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

    「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

  9. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  10. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

ランキングをもっと見る