SST、セキュリティ・キャンプ応援のレトルトカレー配布 | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

SST、セキュリティ・キャンプ応援のレトルトカレー配布

株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は8月1日、「セキュリティ・キャンプ 全国大会 2022 オンライン」及び「セキュリティ・ネクストキャンプ 2022 オンライン」の参加学生向け応援ノベルティとして、「セキュアスカリー」を2022年7月から配布開始したと発表した。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
セキュアスカリーのイメージ画像
セキュアスカリーのイメージ画像 全 1 枚 拡大写真

 株式会社セキュアスカイ・テクノロジー(SST)は8月1日、「セキュリティ・キャンプ 全国大会 2022 オンライン」及び「セキュリティ・ネクストキャンプ 2022 オンライン」の参加学生向け応援ノベルティとして、「セキュアスカリー」を制作し2022年7月から配布開始したと発表した。SSTはゴールドスポンサーとして、セキュリティ・キャンプに協賛している。

 SSTでは、社内の有志による真剣な検討を重ね、「日常で役立つこと」「貰って困らないこと」を必須条件に、困ったときの助けになれる存在でありたいというコンセプトのもと、セキュリティを学ぶ学生が、腹が満たされ意気軒昂な状態で、技術向上の時間を捻出することに役立ててもらいたいという思いを込め、レトルトカレーに決定したという。

 出オチのようなアイデアだが、ハウス食品グループの公式サイトによればカレーには健康増進に寄与するスパイスが用いられている他、認知機能が向上するという研究も存在するという。レッドブルなどのエナジードリンクが、セキュリティエンジニアの技術競技会の会場で差し入れされるのはこれまでよく見かけた風景だが、カレーというのはセキュリティコミュニティ史上これまであまり例がない試みといえる。

 SSTの公式Twitterアカウントでは8月1日から12日に、本ノベルティと連動した企画「SST カリー週間」を実施、カレーに関するツイートを行いながら、セキュリティ・キャンプ開催中の学生を応援する。

《高橋 潤哉》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

    保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

  2. 入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

    入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

  3. JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

    JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

  4. 住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

    住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

  5. Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

    Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

  6. 社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

    社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

  7. マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

  8. 「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

    「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

  9. Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

    Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

  10. GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

    GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

ランキングをもっと見る