muhttpdにディレクトリトラバーサルの脆弱性 | ScanNetSecurity
2022.09.26(月)

muhttpdにディレクトリトラバーサルの脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月5日、muhttpdにおけるディレクトリトラバーサルの脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 独立行政法人情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は8月5日、muhttpdにおけるディレクトリトラバーサルの脆弱性について「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。影響を受けるシステムは以下の通り。

muhttpd バージョン 1.1.5 およびそれ以前

 ホームルータなどのCPE(Customer Premise Equipment)で採用されているWebサーバmuhttpdには、バージョン1.1.5およびそれ以前のmuhttpdにはディレクトリトラバーサルの脆弱性が存在し、脆弱なバージョンのmuhttpdが動作する機器にアクセス可能な第三者から特別に細工されたHTTPリクエストを送信されることで、機器内の任意のファイルを窃取される可能性がある。

 muhttpdはCPE機器のリモート管理を可能にするCGIスクリプトの使用をサポートしており、当該機器がリモート管理可能な状態となっている場合、本脆弱性は遠隔からの攻撃が可能となる。

 JVNでは、当該機器のベンダが提供する情報を注視し、最新のファームウェアバージョンにアップデートするよう呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

    「ニトリアプリ」にパスワードリスト型攻撃、約13万2,000アカウントが閲覧された可能性

  2. ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

    ダイナムジャパンホールディングスのサーバにランサムウェア攻撃、社内システムに障害

  3. 警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

    警察庁が2022年上半期のランサムウェア被害状況を調査、調査・復旧費用は1,000万円以上が55%を占める

  4. セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法

    セキュアワークス三科涼が提案する「XDR」というバズワードに惑わされないたったひとつの方法PR

  5. 元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

    元社員が営業秘密不正持ち出し、不正競争防止法違反容疑で逮捕

  6. 日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

    日本盛のサーバに不正アクセス、社内システムで障害発生

  7. 「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

    「情報セキュリティ2012」を決定、環境変化への対応を盛り込む(NISC)

  8. 拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

    拝啓IT業界 脆弱性無きコードを書け ホワイトハウス拝

  9. 7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

    7月のフィッシング報告状況、「.cn ドメイン」のフィッシングメールを多く確認

  10. かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

    かくれ脱水から脱水状態に進行したときに起こるサインを解説(「教えて!「かくれ脱水」委員会)

ランキングをもっと見る