8月下旬からインターネットバンキングに係る不正送金被害が急増、注意を呼びかけ | ScanNetSecurity
2022.11.28(月)

8月下旬からインターネットバンキングに係る不正送金被害が急増、注意を呼びかけ

 警察庁は9月22日、フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について、注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向

 警察庁は9月22日、フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について、注意喚起を発表した。

 同庁によると、インターネットバンキングに係る不正送金被害については2019 年以降、発生件数・被害額ともに減少傾向が続き、2022年上半期の発生件数は145件、被害額は約3億2,100万円であったが、8月における発生件数は70件、被害額は約2億1,300万円、9月1日から15日までにおける発生件数は184件、被害額は約1億6,900万円と、8月下旬から急増しているという。

 同庁によると、被害の多くはフィッシングによるものとみられ、金融機関を装ったフィッシングサイトへ誘導するメールが多数確認されていることから、不審なメールやSMSに記載されたリンクからアクセスしたサイトにID・パスワード等を入力しないよう注意を呼びかけている。

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

    埼玉大学でドッペルゲンガードメイン「@gmai.com」に自動転送、約10ヶ月間続く

  2. 「非対称パスワード認証」の実証に成功、パスワード漏えいの脅威を一掃

    「非対称パスワード認証」の実証に成功、パスワード漏えいの脅威を一掃

  3. 田沢医院にランサムウェア攻撃、電子カルテシステムが使用できない状況に

    田沢医院にランサムウェア攻撃、電子カルテシステムが使用できない状況に

  4. サイバー犯罪インテリジェンス企業 KELA社が日本で初めてワークショップ開催、アナリスト池上遥氏 登壇(CPEクレジット付与)

    サイバー犯罪インテリジェンス企業 KELA社が日本で初めてワークショップ開催、アナリスト池上遥氏 登壇(CPEクレジット付与)PR

  5. 契約に反し個人情報取扱事務を再委託、横浜市委託先でPC盗難被害

    契約に反し個人情報取扱事務を再委託、横浜市委託先でPC盗難被害

  6. 創価大学の教員のメールアカウントが迷惑メール送信の踏み台に、SMTP認証を悪用した攻撃と推測

    創価大学の教員のメールアカウントが迷惑メール送信の踏み台に、SMTP認証を悪用した攻撃と推測

  7. 庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

    庁内グループウェアへの不正ログインを繰り返した職員を戒告処分

  8. マイナポータルで確認し発覚、氏と生年月日同一 別人の個人番号等を住民記録システムに入力

    マイナポータルで確認し発覚、氏と生年月日同一 別人の個人番号等を住民記録システムに入力

  9. 水道メータ取替業務 委託先社員、業務上知った個人情報もとにLINEで連絡

    水道メータ取替業務 委託先社員、業務上知った個人情報もとにLINEで連絡

  10. エラー返らず アドレス誤入力しメール送信 アンケート結果流出

    エラー返らず アドレス誤入力しメール送信 アンケート結果流出

ランキングをもっと見る