ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開 | ScanNetSecurity
2022.11.28(月)

ガートナー、日本におけるセキュリティハイプサイクル2022 公開

 ガートナージャパン株式会社は9月26日、「日本におけるセキュリティ(インフラ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2022年」を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2022年
日本におけるセキュリティ (インフラ、リスク・マネジメント) のハイプ・サイクル:2022年 全 1 枚 拡大写真

 ガートナージャパン株式会社は9月26日、「日本におけるセキュリティ(インフラ、リスク・マネジメント)のハイプ・サイクル:2022年」を発表した。

 本ハイプ・サイクルでは、セキュリティの中でも特にセキュアなインフラとリスク・マネジメントを実現しながら企業のビジネスやサービス・データを保護する24のテクノロジ・手法・概念を取り上げている。

 2022年版では新たに、アタック・サーフェス・マネジメント(ASM)、セキュリティ・レーティング・サービス、侵入・攻撃シミュレーション(BAS)、SSE(セキュリティ・サービス・エッジ)、サイバーセキュリティ・メッシュ・アーキテクチャの5項目を追加している。

 ガートナーのアナリストでバイス プレジデントの礒田優一氏は「セキュリティへの投資を検討している組織は、急速なデジタル化の進展と脅威の変化に対応するために、取り組みの優先順位を定期的に調整すべきです」とコメントしている。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 創価大学の教員のメールアカウントが迷惑メール送信の踏み台に、SMTP認証を悪用した攻撃と推測

    創価大学の教員のメールアカウントが迷惑メール送信の踏み台に、SMTP認証を悪用した攻撃と推測

  2. マイナポータルで確認し発覚、氏と生年月日同一 別人の個人番号等を住民記録システムに入力

    マイナポータルで確認し発覚、氏と生年月日同一 別人の個人番号等を住民記録システムに入力

  3. エラー返らず アドレス誤入力しメール送信 アンケート結果流出

    エラー返らず アドレス誤入力しメール送信 アンケート結果流出

  4. 宮崎市の介護認定調査事務所のサーバがランサムウェア被害に、データにアクセスできず

    宮崎市の介護認定調査事務所のサーバがランサムウェア被害に、データにアクセスできず

  5. 農業関連機器取り扱い山本製作所にサイバー攻撃、問い合わせ対応や書類発送等にも影響

    農業関連機器取り扱い山本製作所にサイバー攻撃、問い合わせ対応や書類発送等にも影響

ランキングをもっと見る
PageTop