31%の企業がDMARCに対応、SPFとDKIM両方に対応は45%に増加 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

31%の企業がDMARCに対応、SPFとDKIM両方に対応は45%に増加

 株式会社デージーネットは1月12日、メールサーバの安全性について課題の傾向と考察をまとめた統計レポートを発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
DMARKに対応しているか(※DMARKは、グラフ作成者によるDMARCの誤記)
DMARKに対応しているか(※DMARKは、グラフ作成者によるDMARCの誤記) 全 2 枚 拡大写真

 株式会社デージーネットは1月12日、メールサーバの安全性について課題の傾向と考察をまとめた統計レポートを発表した。

 同レポートは、同社が無料提供するメールサーバセキュリティ診断サービス「MSchecker」で2022年1月から2022年12月に実施したセキュリティ診断の結果を集計し、メールサーバの安全性について課題の傾向と考察をまとめたもの。

 MScheckerでセキュリティ診断を受けたドメインのうち、「危険」と判定されていたメールサーバは、2021年の1%から減少し0%となったが、「見直しを推奨」とされていたメールサーバが2%増加し54%となっている。本結果より、同社ではメールセキュリティ対策において最低限実施しておくべき対策が講じられ、対策が推進したとしている。

 MScheckerでは2022年6月1日からDMARCのチェックを新たに追加したが、「DMARCに対応しているか」の結果を見ると、31%の企業がDMARCに対応していることが判明した。また、「SPF/DKIMに対応しているか」の結果を見ると、SPFとDKIMの両方に対応している企業は2%増加し45%となった。

 同社では、「DMARCに対応しているか」「SPF/DKIMに対応しているか」の結果から、企業のメールサーバセキュリティ対策は、自社へのメールセキュリティ対策だけにとどまらず、取引先や顧客へ影響のある「送信元ドメイン認証」などの対策強化に取り組んでいるとしている。

《高橋 潤哉》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

    ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  2. 「UTM 理解していない」半数

    「UTM 理解していない」半数

  3. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  4. 「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開

    「セキュリティ技術者の“思考”を覗く」~ SHIFT SECURITY、17種類のサイバー攻撃の解説と対策資料公開PR

  5. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

  6. 到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割

    到来する「脆弱性対策義務化時代」に脆弱性管理サービス「SIDfm」が果たす役割PR

  7. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  8. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  9. LINEヤフー委託先への不正アクセス、社外のサービスシステムについての調査結果を公表

    LINEヤフー委託先への不正アクセス、社外のサービスシステムについての調査結果を公表

  10. 東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得

    東和エンジニアリングへのランサムウェア攻撃、VPN機器の脆弱性を悪用しブルートフォース攻撃でID・パスワードを不正に取得

ランキングをもっと見る