北京の AI 規制 検閲 21ヶ条 | ScanNetSecurity
2024.04.14(日)

北京の AI 規制 検閲 21ヶ条

大衆に向けてサービスを提供するために AI を使用している事業者は、サービス開始前にセキュリティ評価を実施することが必須となる。これらのサービスプロバイダは結果について、また個人情報や知的財産権のあらゆる漏洩について、その責任を負うことになる。

国際 TheRegister
www.cac.gov.cn
www.cac.gov.cn 全 1 枚 拡大写真

 中国のハイテク大手が ChatGPT の複製モデルを展開する中、北京は、生成AIチャットボットの研究、開発、使用に関する規制案を発表した。だが、このツールが社会主義の理想に合致できるか否かについての答えは、何も提示されていない。

 中国サイバースペース管理局(CAC)は、この規則草案を「生成系人工知能サービスのための管理措置(Administrative Measures for Generative Artificial Intelligence Services)」と大仰に名付けて昨日(編集部註:4 月 11 日)発表した。これには、AI によって生成されるコンテンツには「社会主義の中核的価値を反映させ、国家権力の転覆や社会主義制度の転覆、国家分裂の扇動を含んではならない」とする 21 条が詳述されている。

 また同文書は、テロリズム、過激主義、民族憎悪、差別の助長を断固として禁止することも示している。暴力、わいせつおよびポルノ情報、虚偽情報、そして経済や社会の秩序を乱す可能性のあるコンテンツも禁止となっている。

 この規則は、AI ツールの設計者に対し、トレーニングデータの慎重な選択、アルゴリズム設計やその他の最適化を通じて、人種、民族、信条、国、地域、ジェンダー、年齢、職業に基づく差別防止の責任を課している。

 ユーザーは実名で登録しなければならない。そして、生成 AI サービスの提供者、または他者が提供するそうしたサービスの支援者は、ボットが生成するコンテンツの制作者とみなされる。この制作者は、関連するプライバシー対策について責任を負うことになり、これには個人情報に関するものも含まれる。


《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  2. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  3. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  4. TwoFive メールセキュリティ Blog 第4回「あなたはいくつご存知ですか?…メール暗号化。STARTTLS、MTA-STS、DANE」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第4回「あなたはいくつご存知ですか?…メール暗号化。STARTTLS、MTA-STS、DANE」

  5. 神奈川県相模原市、個人情報の非開示処理をせず開示文書交付

    神奈川県相模原市、個人情報の非開示処理をせず開示文書交付

ランキングをもっと見る
PageTop