1:50 = FBIサイバー捜査官:中国人ハッカー | ScanNetSecurity
2024.04.16(火)

1:50 = FBIサイバー捜査官:中国人ハッカー

 中国は、FBI のサイバー捜査官 1 人に対し 50 人のハッカーを抱えている。先週、FBI長官は議会の委員会でそう語った。

国際 TheRegister
(イメージ画像)
(イメージ画像) 全 1 枚 拡大写真

 中国は、FBI のサイバー捜査官 1 人に対し 50 人のハッカーを抱えている。先週、FBI 長官は議会の委員会でそう語った。

 クリストファー・レイ長官は、下院歳出委員会の商務・司法・科学関連機関小委員会で、FBI が対抗しようとしているこれらの脅威を概説して、FBI の予算要求の正当性を主張した。

 「中国政府が世界の超大国として我々を追い越すために、ウソをつき、不正を行い、盗みを働くという、多方面にわたる戦略の重要な部分にサイバー分野がある」とレイ長官は主張した。「中国によるサイバー脅威の規模は他に類を見ないものだ。彼らは、すべての他主要国の合計よりも大規模なハッキングプログラムがあり、大国・小国を問わず、他のどの国家よりも我々の個人情報や企業データを盗んでいる」

 「我々が直面している状況を実感して頂きたい。もし、FBI のサイバー捜査官や情報アナリストの一人一人が中国の脅威に、つまり中国のみに専念したとしても、中国のハッカーは FBI のサイバー担当者の数を少なくとも 50 対 1 で上回るだろう」


《The Register》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

    東芝テックが利用するクラウドサービスに不正アクセス、取引先や従業員の個人情報が閲覧された可能性

  2. 転職先で営業活動に活用、プルデンシャル生命保険 元社員 顧客情報持ち出し

    転職先で営業活動に活用、プルデンシャル生命保険 元社員 顧客情報持ち出し

  3. 「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

    「引っかかるのは当たり前」が前提、フィッシングハンターが提案する対策のポイント ~ JPAAWG 6th General Meeting レポート

  4. OpenSSLにサービス運用妨害(DoS)の脆弱性

    OpenSSLにサービス運用妨害(DoS)の脆弱性

  5. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

ランキングをもっと見る
PageTop