電通国際情報サービスに不正アクセス、一般ユーザー権限でのデータ参照の形跡 | ScanNetSecurity
2024.02.28(水)

電通国際情報サービスに不正アクセス、一般ユーザー権限でのデータ参照の形跡

 株式会社電通国際情報サービスは6月6日、不正アクセスによる個人情報流出の可能性について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真

 株式会社電通国際情報サービスは6月6日、不正アクセスによる個人情報流出の可能性について発表した。

 これは5月9日に、同社および同社グループ会社が利用しているリモートアクセス機器に対する外部からの攻撃を検知し、その後の調査で、同社アカウント管理システム(ディレクトリサーバ)への一般ユーザー権限でのデータ参照の形跡が確認され、個人情報の一部が外部へ流出した可能性が判明したというもの。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

    JC3、捜査員向けのランサムウェア捜査ハンドブックを出版

  2. エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

    エレコム製無線 LAN ルータに複数の脆弱性

  3. ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

    ダイキン工業の再々委託先の作業者が仕入先情報を不正にダウンロード

  4. ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

    ダイヤモンド社にランサムウェア攻撃、約70,000件の個人情報が漏えいしたおそれ

  5. ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

    ゆめタウン運営イズミにランサムウェア攻撃、発注システムに支障あり一部品薄状態も

ランキングをもっと見る
PageTop