東京大学保有 PC 標的型攻撃メールでマルウェア感染、情報窃取の形跡 | ScanNetSecurity
2024.07.25(木)

東京大学保有 PC 標的型攻撃メールでマルウェア感染、情報窃取の形跡

 国立大学法人東京大学は10月24日、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部への不正アクセスによる情報流出について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 4 枚 拡大写真

 国立大学法人東京大学は10月24日、東京大学大学院総合文化研究科・教養学部への不正アクセスによる情報流出について発表した。

 これは当該部局が保有するPCが、標的型攻撃メールによりマルウェアに感染し、調査の結果、PC内に情報窃取の形跡が発見されたというもの。1月18日に標的型攻撃メールの事案を調査していた専門機関から指摘があり、当該部局が保有するPCが2022年7月19日に受信した標的型攻撃メールでマルウェア感染したことが発覚した。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. ランサムウェア集団が謝罪

    ランサムウェア集団が謝罪

  2. レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

    レッドチーム演習大成功 丸五か月間誰も気づけず

  3. 富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

    富士通の複数の業務パソコンに高度な手法で攻撃を行うマルウェア、複製指示のコマンドを実行し拡大

  4. イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

    イセトーへのランサムウェア攻撃で伊予銀行の顧客情報が漏えい

  5. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

ランキングをもっと見る
PageTop