富士通の複数の業務パソコンにマルウェア、個人情報を含むファイルを不正に持ち出せる状態に | ScanNetSecurity
2024.04.12(金)

富士通の複数の業務パソコンにマルウェア、個人情報を含むファイルを不正に持ち出せる状態に

 富士通株式会社は3月15日、個人情報を含む情報漏えいの可能性について発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
トップページ
トップページ 全 2 枚 拡大写真

 富士通株式会社は3月15日、個人情報を含む情報漏えいの可能性について発表した。

 これは同社の複数の業務パソコンでマルウェアの存在を確認したため、社内調査を行ったところ、個人情報や顧客に関する情報を含むファイルを不正に持ち出すことが可能な状態になっていたことが判明したというもの。


《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  3. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  4. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  5. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る
PageTop