兼松・KEL・GSX「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」設立 | ScanNetSecurity
2024.04.12(金)

兼松・KEL・GSX「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」設立

 兼松株式会社、兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は3月25日、ウエルインベストメント株式会社を無限責任組合員とした「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」の設立を発表した。

製品・サービス・業界動向 業界動向
ファンドイメージ
ファンドイメージ 全 1 枚 拡大写真

 兼松株式会社、兼松エレクトロニクス株式会社(KEL)、グローバルセキュリティエキスパート株式会社(GSX)は3月25日、ウエルインベストメント株式会社を無限責任組合員とした「日本サイバーセキュリティファンド1号投資事業有限責任組合」の設立を発表した。

 同ファンドは、セキュリティ業界全体の成長機会を現実のものとする「セキュリティ専業企業が出資し、セキュリティ企業に投資を行う国内初のサイバーセキュリティ業界特化型のファンド」で、2024年3月19日に投資事業有限責任契約を締結しており、2024年4月1日に設立する。

 同ファンド内には、出資企業で構成される「アドバイザリーボード」を設置、業界での経験値や動向知見に基づく投資先企業の調査・検討(目利き)機能を持ち、投資先選定の成功確率を高める。出資企業各社は、それぞれがサービス・販路・経営ノウハウを共有し、同ファンドの投資先企業に支援を行う。

 無限責任組合員のウエルインベストメントは現在、サイバーセキュリティ分野にて米政府機関とパイロットプロジェクトを行っているConfidencial社(米国シリコンバレー)をリードインベスターとして支援しており、米国でのサイバーセキュリティに取り組むスタートアップの支援経験を有している。

 同ファンドでは今後、セキュリティ業界の企業や金融機関・機関投資家に参画を促しながら、上限100億円を目標にファンド組成を進める。

《ScanNetSecurity》

この記事の写真

/

特集

関連記事

PageTop

アクセスランキング

  1. 山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

    山田製作所にランサムウェア攻撃、「LockBit」が展開され複数のサーバのデータが暗号化

  2. プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

    プルーフポイント、マルウェア配布する YouTube チャンネル特定

  3. マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

    マリンネットサイトに SQL インジェクション攻撃、メールアドレス流出

  4. レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

    レンズの受注や製造を停止 ~ HOYAグループで不正アクセスに起因する可能性が高いシステム障害

  5. 日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

    日本信用情報機構、第三者に信用情報を開示 ~ 本人確認書類偽造によるなりすまし

ランキングをもっと見る
PageTop