日本がフェイクニュース大国に? - 書評「フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器」 1枚目の写真・画像 | ScanNetSecurity
2020.09.23(水)

日本がフェイクニュース大国に? - 書評「フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器」 1枚目の写真・画像

調査・レポート・白書 ブックレビュー

「フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器」書影
角川新書 「フェイクニュース 新しい戦略的戦争兵器」書影

この記事の写真

/

関連ニュース

PageTop

ブックレビュー人気記事

  1. 日本のネット事業者が直面する新しい経営の壁 - 『超限戦』敗戦国の行方

    日本のネット事業者が直面する新しい経営の壁 - 『超限戦』敗戦国の行方

  2. 一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

    一次通過経験ゼロ、知人にすら読んでもらえないレベルの素人がサイバーセキュリティ小説コンテスト大賞受賞に至った経緯とは

  3. だれも知らない日本のもうひとつの敗戦 - 21 世紀の安全保障の概念を根底から変えた『超限戦』レビュー

    だれも知らない日本のもうひとつの敗戦 - 21 世紀の安全保障の概念を根底から変えた『超限戦』レビュー

  4. 第 3 回「日本で起こるかもしれないこと」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

    第 3 回「日本で起こるかもしれないこと」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

  5. 第 1 回「ロシアのネット世論操作部隊 IRA 作戦概要、11 の要点」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

    第 1 回「ロシアのネット世論操作部隊 IRA 作戦概要、11 の要点」米上院提出レポート分析、ネット世論操作の現状とこれから

  6. 家庭内で安全快適に在宅勤務を行うためのリファレンスガイドの公開について(ICT-ISAC)

    家庭内で安全快適に在宅勤務を行うためのリファレンスガイドの公開について(ICT-ISAC)

  7. 作家一田和樹氏が「ある意味、当然の受賞だったかもしれません」と言った理由とは

    作家一田和樹氏が「ある意味、当然の受賞だったかもしれません」と言った理由とは

  8. 自著を語る「アナライジング・マルウェア」星澤 裕二(ブックレビュー)

    自著を語る「アナライジング・マルウェア」星澤 裕二(ブックレビュー)

  9. ログイン可能での注意喚起、対象が千件近く増加--NOTICE取組状況(総務省、NICT、ICT-ISAC)

    ログイン可能での注意喚起、対象が千件近く増加--NOTICE取組状況(総務省、NICT、ICT-ISAC)

  10. 標的型攻撃メールや詐欺・悪質商法が増加--サイバー空間の脅威情勢(警視庁)

    標的型攻撃メールや詐欺・悪質商法が増加--サイバー空間の脅威情勢(警視庁)

ランキングをもっと見る