医療関連企業として初めてISMS適合性評価制度の認証を取得(ビー・エム・エル) | ScanNetSecurity
2019.11.21(木)

医療関連企業として初めてISMS適合性評価制度の認証を取得(ビー・エム・エル)

 バイオと医療情報システムの株式会社ビー・エム・エルは、日本情報処理開発協会(JIPDEC)が運用する「ISMS(Information Security ManagementSystem)適合性評価制度」の認証を医療関連企業として初めて取得したと発表した。認証を受けたのは同研究所の基幹業務システ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 バイオと医療情報システムの株式会社ビー・エム・エルは、日本情報処理開発協会(JIPDEC)が運用する「ISMS(Information Security ManagementSystem)適合性評価制度」の認証を医療関連企業として初めて取得したと発表した。認証を受けたのは同研究所の基幹業務システム(検査システム、検査データの処理及び管理、社内ネットワークシステム等)について。認証登録日は2001年12月26日。同制度は、経済産業省により情報セキュリティ管理に関する国際標準の導入が公表されたことに基づき、JIPDECが第三者適合性評価制度として創設したもの。なお、同制度の本格運用は4月より実施される予定。

http://www.bml.co.jp/2-finance/index.html

《ScanNetSecurity》

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

    社内パソコンのウイルス感染、複数顧客から不審メール受信の連絡(ニッポンレンタカーサービス)

  2. プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

    プライベート情報全収集しマネタイズする社会実験応募者へメール誤送信、損害賠償実施予定(Plasma)

  3. 新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

    新システム開発の再委託先が不正アクセス、国体参加者と公認スポーツ指導者データが削除(日本スポーツ協会)

  4. ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

    ガートナーが考える「攻撃者視点」とは──脅威ベースのペネトレーション・テスト(TLPT)最新動向

  5. 電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

    電子カルテ上のデータを目視し入力したファイルを私用のUSBメモリで持ち出し紛失(島根大学)

  6. 楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

    楽天プライムを利用できないとする偽メールを確認(フィッシング対策協議会)

  7. レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

    レイセオン社の「航空」サイバーセキュリティ対策製品と攻撃実証(The Register)

  8. オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

    オムロンの制御システム向けソフトに複数の脆弱性(JVN)

  9. ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

    ダブルチェックを怠りお知らせメールを誤送信、1,305件のアドレスが流出(すららネット)

  10. Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

    Windows 7などのサポート終了に対し、現状と支援施策を発表(日本マイクロソフト)

ランキングをもっと見る