政府の重要インフラ保護プログラムへの意識低下が目立つ--グローバル調査 (シマンテック) | ScanNetSecurity
2022.05.17(火)

政府の重要インフラ保護プログラムへの意識低下が目立つ--グローバル調査 (シマンテック)

株式会社シマンテックは11月9日、シマンテック・コーポレーションが10月31日に公開したリリースの抄訳として、「2011年 重要インフラ保護調査(2011 Critical Infrastructure Protection(CIP)Survey)」のアンケート結果を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社シマンテックは11月9日、シマンテック・コーポレーションが10月31日に公開したリリースの抄訳として、「2011年 重要インフラ保護調査(2011 Critical Infrastructure Protection(CIP)Survey)」のアンケート結果を発表した。

本調査は、政府のCIPプログラムに対する認知度、参加度、準備態勢を調べることを目的としたもので、「重要インフラ産業」に指定された14産業の法人の経営幹部レベル役員(CxOクラス)、大企業・中小企業のIT担当者を対象に、Applied Research社が8月および9月に実施した調査の結果をまとめたもの。北米、EMEA、アジア太平洋、ラテンアメリカの37か国3,475企業を対象としている。

調査結果によると、政府の重要インフラ保護プログラムに対する意識と参加率の低下が目立った。「国内で議論されている政府の重要インフラ計画」について「ある程度知っている」「完全に知っている」と答えた回答者は、全体の36%であり、昨年の55%に比べて低下した。また2011年、重要インフラ保護プログラムに「完全に」または「かなりの程度」参加した企業は全体の37%で、これも2010年の56%を下回っている。このほか、政府の重要インフラ保護プログラムについて否定的な意見が微増していることや、世界的に企業の準備態勢が低下していることなどが明らかになっている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

    しまむらのネットワークに不正アクセス、犯罪者集団の増長を招くことを考慮し情報開示は最低限に

  2. TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

    TwoFive メールセキュリティ Blog 第5回「短縮URLとダイナミックDNSは使わない方がいい理由」

  3. 患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

    患者情報管理システムがアクセス可能な状態に、外部からの指摘で発覚

  4. ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

    ダイカスト製品を製造するリョービの海外グループ会社にランサムウェア攻撃、システム障害発生

  5. Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

    Emotet感染でメールアドレス95,393件が流出の可能性、新たにドメインも取得

  6. トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

    トレンドマイクロ「国内標的型攻撃分析レポート2022年版」公開、4つのグループの特徴を整理

  7. 世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

    世界最大の歯科医師会もセキュリティは頭痛のタネ ~ ランサムウェアの脅威と Gmail の問い合わせ先

  8. Intel製品に複数の脆弱性

    Intel製品に複数の脆弱性

  9. 警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

    警視庁が「ランサムウェア」の脅威と対策について解説、被害件数は一昨年の4倍増に

  10. OpenSSLに複数の脆弱性

    OpenSSLに複数の脆弱性

ランキングをもっと見る