McAfeeアンチウイルス・キットにスパムの噴出口を発見~皮肉にもサーバサイドの欠陥が悪用され、パッチを約束(The Register) | ScanNetSecurity
2020.08.15(土)

McAfeeアンチウイルス・キットにスパムの噴出口を発見~皮肉にもサーバサイドの欠陥が悪用され、パッチを約束(The Register)

約10年前、ボットネットが迷惑メールを送信するためによく使われるテクニックになる前は、古いタイプの詐欺師たちは、迷惑メールを送信できる可能性のある開放型リレーを、ネットで探したものだ。

国際 TheRegister
McAfeeのホスト型アンチ・マルウェア・サービスに欠陥が発見され、脆弱性を修正することを約束している。この欠陥により、同製品がインストールされたシステムは、スパム中継ノードにさせられる可能性がある。

この脆弱なソフトウェアSaaS for Total Protectionは、「テストを終了次第、1月18日か19日」に修正されると、McAfeeは水曜に掲載されたブログ記事で約束した。

SaaS for Total Protection製品にある2つのセキュリティ問題は、ここ数日にわたって起きたものだ。第1の問題には、攻撃者がコード実行のため、ActiveXコントロールを不正使用するかもしれないという可能性が含まれている。第2の問題は、SaaS for Total Protectionクライアントが動作するマシンを、スパムを噴出する開放型リレーにするため、McAfeeの「Rumor」(アップデート)技術を悪用する。

このスパム・リレー問題は、一部のMcAfeeカスタマーに実際、不都合をもたらした。彼らのIPアドレスがブラックリストにのって電子メールがブロックされ、McAfeeのフォーラムとこの問題についてのブログ記事(ここここ)に苦情が寄せられた…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 在宅勤務時 SNS経由で社用PCが感染、社内ネットワーク接続で被害拡大(三菱重工業)

    在宅勤務時 SNS経由で社用PCが感染、社内ネットワーク接続で被害拡大(三菱重工業)

  2. iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

    iPhoneに不審なカレンダーなどが表示される報告が相次ぐ(IPA)

  3. ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

    ホームルーター調査、127製品ほぼ全てに脆弱性/英・加、APT29 による攻撃報告 ほか [Scan PREMIUM Monthly Executive Summary]

  4. やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

    やけど虫の駆除方法、体液が皮膚に付いてしまった場合の対策について

  5. Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラム公表、至急の適用を呼びかけ(IPA)

    Microsoft製品に関する脆弱性の修正プログラム公表、至急の適用を呼びかけ(IPA)

  6. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  7. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

  8. だれも知らない日本のもうひとつの敗戦 - 21 世紀の安全保障の概念を根底から変えた『超限戦』レビュー

    だれも知らない日本のもうひとつの敗戦 - 21 世紀の安全保障の概念を根底から変えた『超限戦』レビュー

  9. サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

    サイバー犯罪の検挙件数、2019年は9,542件に(警察庁)

  10. IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

    IDの登録情報システムに不具合、最大38万件が別ユーザーに上書きされる(ヤフー)

ランキングをもっと見る