サポートが終了した「Java 6」に脆弱性、最新版への更新を呼びかけ(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.05.29(水)

サポートが終了した「Java 6」に脆弱性、最新版への更新を呼びかけ(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロは、Java 6に存在する未修正の脆弱性について同社ブログで注意喚起を発表している。

脆弱性と脅威 脅威動向
「CVE-2013-2463」に関する情報
「CVE-2013-2463」に関する情報 全 1 枚 拡大写真
トレンドマイクロ株式会社は8月29日、Java 6に存在する未修正の脆弱性について同社ブログで注意喚起を発表している。これは8月下旬に報告されたもので、この脆弱性を利用する攻撃も確認されているという。問題のエクスプロイトコードは、「JAVA_EXPLOIT.ABC」として検出され、Oracleが2013年6月に対処した脆弱性「CVE-2013-2463」を利用する。さらに警戒すべきこととして、「Neutrino」と呼ばれるエクスプロイトキットがこの脆弱性を利用し始めたことを挙げている。Java 6もこの脆弱性の影響を受ける。しかし、Oracleは2013年4月でこのバージョンのサポートをすでに打ち切っている。

この脅威への対応策は、最新版に更新すること。しかし50%以上のユーザは、いまだにJava 6を使用しており、これは深刻な結果を引き起こす可能性がある。現在もそして将来的にもパッチが入手できない状況であるため、このエクスプロイトコードはサイバー犯罪者たちやその他の攻撃者たちに、Java 6を使用するユーザや組織を狙う攻撃を実行させる有効な手段を提供しているようなものだとブログでは指摘している。さらに、今回の事例によってMicrosoftがWindows XPのサポートを打ち切った際に、どのようなことが起こり得るのかを見越すことができるとしている。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

    半数の中小企業経営者、セキュリティ対策の必要性「感じたことがない」

  2. SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

    SPF / DKIM / DMARC はどう機能したか ~ フィッシングメール 596 件対象に分析

  3. 社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

    社内用ポータルサイトを誤って公開、最大 約 42,400 名の顧客の個人情報がアクセス可能に

  4. 岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

    岡山県精神科医療センターにランサムウェア攻撃、電子カルテのシステムで不具合

  5. セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

    セキュリティ企業ホラ吹きCEOバカ一代記

  6. バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

    バッファロー製 Wi-Fi ルータ WSR-1166DHP シリーズのボット感染を確認、複雑なパスワードへの変更を呼びかけ

  7. 「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

    「mixi」に不正ログイン、個人データが第三者に漏えいしたおそれ

  8. 日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

    日経225企業 9割 DMARC導入も「quarantine」「reject」設定は 26.8%、ワンクリック購読解除利用率は 77.7%

  9. 北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

    北洲のサーバに不正アクセス、攻撃者が一部ファイルを開いた可能性を確認

  10. 自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

    自工会と部工会のサイバーセキュリティガイドライン2.1版に対応した「コーポレートセキュリティメニュー」提供

ランキングをもっと見る