身代金の支払いが遅れる? 心配するな。CryptoLocker の詐欺師は、まあ、大目に見てくれるさ~ランサムウェアのギャングたちは期限超過支払の請求書を送る…値段を吊り上げて(The Register) | ScanNetSecurity
2021.06.18(金)

身代金の支払いが遅れる? 心配するな。CryptoLocker の詐欺師は、まあ、大目に見てくれるさ~ランサムウェアのギャングたちは期限超過支払の請求書を送る…値段を吊り上げて(The Register)

侵害されたマシンから感染の除去を試みるアンチウイルスプログラムは、レジストリキー(身代金を払ってファイルを復号する際に要求される)を削除する。彼らは、アンチウイルスを利用しない人々から、より多くを奪うための手段を掴んだようだ。

国際 TheRegister
ファイルを暗号化する悪名高きランサムウェア「CryptoLocker」の背後にいるサイバー犯罪者たちが、期限を過ぎた支払いのオプションを提供しはじめた。暗号化されたファイルを解読するための復号キーを、犠牲者たちが「(期日前に)購入」した場合と比較すると、そのオプションを選択した場合の身代金は 5 倍のコストがかかる。

これまでの被害者たちは、300 ドル(編集部註:約 3 万円)に加え、データの身代金(最大 2 Bitcoin、460 ドル、編集部註:約 4 万 6 千円)を 3 日以内に支払うことができなければ、暗号化されたファイルを取り戻すための秘密鍵を得る手段を失っていた。そういった場合、この詐欺の背後にいる詐欺師たちはキーを削除していた。あるいは少なくとも二度と販売を申し出ることはなかった。そして最新のバックアップを取っていなかった犠牲者たちは手詰まりとなっていた…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 7割が知らない、ダークウェブ認知度

    7割が知らない、ダークウェブ認知度

  2. PDF の契約書を署名段階で改竄、「邪悪なる注釈」そして「密かなる署名」攻撃とは? ~ 26 種類の PDF ソフトのうち 24 にオマケの脆弱性も

    PDF の契約書を署名段階で改竄、「邪悪なる注釈」そして「密かなる署名」攻撃とは? ~ 26 種類の PDF ソフトのうち 24 にオマケの脆弱性も

  3. クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

    クラウドの脅威はプロバイダ起因から利用者起因にシフト…CSAJの11大脅威

  4. Salesforce 複数サービスで障害発生、約 5 時間で全システム復旧

    Salesforce 複数サービスで障害発生、約 5 時間で全システム復旧

  5. カスペルスキー、Google Chromeと2つのMicrosoft Windowsの脆弱性を悪用した標的型攻撃を発見

    カスペルスキー、Google Chromeと2つのMicrosoft Windowsの脆弱性を悪用した標的型攻撃を発見

  6. ExcelをマスキングしPDF変換、コピー&ペーストで個人情報閲覧可

    ExcelをマスキングしPDF変換、コピー&ペーストで個人情報閲覧可

  7. Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

    Apache HTTP Web Server 2.4 の複数の脆弱性へアップデート公開

  8. LogStareのSOCの窓 第2回「現代アートと化すファイアウォール」

    LogStareのSOCの窓 第2回「現代アートと化すファイアウォール」

  9. イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

    イトーヨーギョーのサーバにランサムウェア攻撃、現時点で情報流出は確認されず

  10. 富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

    富士フイルムへのランサムウェア攻撃、外部への情報流出の痕跡は確認されず

ランキングをもっと見る