盗難されたクレジットカードの詳細情報だって? 詐欺師たちが欲しいのは、君のプライベートのほうだよ~研究者「ハッカーたちは稼ぎのために個人情報を必要としている」(The Register) | ScanNetSecurity
2022.08.15(月)

盗難されたクレジットカードの詳細情報だって? 詐欺師たちが欲しいのは、君のプライベートのほうだよ~研究者「ハッカーたちは稼ぎのために個人情報を必要としている」(The Register)

一昨年の Fullz の価格は、40 ドルから 60 ドルの間で取引されていた。「盗まれたクレジットカード、個人のアイデンティティ(Fullz としても知られているもの)、そして個人の社会保障番号の販売は、供給が間に合っている」と研究者たちは記している。

国際 TheRegister
新しい研究によると、現在、アンダーグラウンドのサイバー犯罪市場におけるクレジットカードの詳細情報は、個人情報に比べて需要が少なくなっており、その価格は下落しているという。

さらに、Dell SecureWorks のマルウェアリサーチディレクター Joe Stewart、および無所属のリサーチャ David Shear の研究によると、アンダーグラウンドのハッカー市場では、個人の詳細情報と銀行口座のクレデンシャルでさえも購入価格が下落している。

侵害された米国の Visa および MasterCard のクレジットカードの詳細情報は、わずか 4 ドル程度(編集部註:約 400 円)で購入でき、英国、豪州、カナダで盗難されたカードの詳細情報の場合、その倍の額となる…

※本記事は有料版メールマガジンに全文を掲載しました

© The Register.


(翻訳:フリーライター 江添佳代子

《ScanNetSecurity》

関連記事

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. 保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

    保健所職員が資料を個人用端末で写真撮影、フィッシング詐欺に遭い閲覧された可能性

  2. 入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

    入学選抜に係わる情報をTeams内に誤って格納、生徒14名がアクセス

  3. JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

    JR東日本グループ「VIEW’s NET」に不正ログイン被害

  4. 住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

    住和港運へのランサムウェア攻撃、サーバ内のデータが暗号化され使用できず

  5. 社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

    社員名を詐称したメールを開封し添付ファイルを実行、従業員3名のパソコンがEmotetに感染

  6. Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

    Twilioに高度なソーシャルエンジニアリング攻撃、一部顧客アカウント情報が漏えい

  7. マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

    マイクロソフトが8月のセキュリティ情報公開、MSDT のリモートでコードが実行される脆弱性は悪用の事実を確認済み

  8. 「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

    「JUSTオンラインアップデート for J-License」が特定のプログラムを起動する際に実行ファイルのパスが引用符で囲まれていない脆弱性

  9. Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

    Adobe AcrobatおよびReaderに脆弱性

  10. GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

    GMOサイバーセキュリティ byイエラエがクレジットカード情報漏えい事故調査機関「PFI」に認定

ランキングをもっと見る