「@nifty」のログインにワンタイムパスワード認証を追加(ニフティ) | ScanNetSecurity
2020.06.01(月)

「@nifty」のログインにワンタイムパスワード認証を追加(ニフティ)

ニフティは、なりすまし不正ログインなどIDの不正利用対策の一環として、同社が提供するインターネットサービス「@nifty」のログイン方法にワンタイムパスワード認証を導入した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
ワンタイムパスワード認証の流れ
ワンタイムパスワード認証の流れ 全 1 枚 拡大写真
ニフティ株式会社は3月24日、なりすまし不正ログインなどIDの不正利用対策の一環として、同日より同社が提供するインターネットサービス「@nifty」のログイン方法にワンタイムパスワード認証を導入したと発表した。今回導入するワンタイムパスワード認証は、PCやスマートフォンのWebブラウザ上のログイン画面で、@niftyユーザ名または@nifty IDと、従来のパスワードによる認証を行った後に、自動的に発行される1回限り有効な使い捨てパスワード(ワンタイムパスワード)を入力して行うもの。

ワンタイムパスワードは、同社が提供する専用のスマートフォンアプリ(iOS・Android対応)、またはユーザが設定したメールアドレスで受け取ることができる。万一、第三者に従来のパスワードを知られてしまった場合でも、ワンタイムパスワードがないとログインすることができないため、IDの不正利用を防止することができる。なお、一度ワンタイムパスワード認証を行った端末は、次回以降ワンタイムパスワードの入力を省略することもできる。

《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

    楽天を騙るフィッシングメールを確認、注意喚起を発表(フィッシング対策協議会)

  2. 今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

    今後Nコムは旧サービスにも最新セキュリティ対策実施、撤去予定サーバ経由の不正アクセス発生受け(NTT Com)

  3. 日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

    日本はランサムウェア暗号化成功率世界最悪、復旧費用は世界2位の高額(ソフォス)

  4. メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

    メール配信プログラムのコーディングミス重なる、原価マスク販売で誤送信(トリニティ)

  5. iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

    iOSに“脱獄”につながる未対策の脆弱性(JVN)

  6. 問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

    問い合わせフォームを悪用した不正メールに注意喚起、発信元IP特定し遮断(船橋市)

  7. 愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

    愛知県の新型コロナウイルス感染者の氏名等495件誤掲載

  8. 外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

    外部から不正にWebサイトのプログラム書き換え(高知県言語聴覚士会)

  9. コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

    コールセンター業務委託先で新型コロナウイルス相談記録データを誤送信(愛媛県、NTTマーケティングアクト)

  10. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

ランキングをもっと見る