日本、政府のサイバー防衛を強化するための新しい法案を準備~政府のシステムに対する攻撃は 30 秒に 1 回(The Register) | ScanNetSecurity
2020.01.18(土)

日本、政府のサイバー防衛を強化するための新しい法案を準備~政府のシステムに対する攻撃は 30 秒に 1 回(The Register)

しかし、日本政府の勤務者たちは通常、数年ごとに新たな役職、および(あるいは)部署に移動するため、「どのようにしてサイバーの英知を機関内に維持するべきか」という課題に、NISC は現在も直面している。

国際 TheRegister
※編集部註:海外においてどのように報道されているかをお伝えするため、本記事は原文を忠実に翻訳しております。

日本の議員たちが、新しい法案を早急に準備している。その法案とは、「政府の情報セキュリティ機関が、オンラインの脅威に対処する際の能力」を大幅に削ろうとする官僚たちを、その機関がすり抜けられるよう設計されたものだ。

この提案された法案は、内閣官房情報セキュリティセンター(NISC)、および同機関の「政府機関情報セキュリティ横断監視・即応調整チーム(GSOC)」に、より多くの権限を与えるものであると、連合メンバーの一人は Japan Times に語った。

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

    複数のCDNに、サイト閲覧者に攻撃が行われる脆弱性(JVN)

  2. 上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのか

    上野宣はなぜ株式会社Flatt Securityの社外取締役に就任したのかPR

  3. DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

    DNS over HTTPS はインターネットの良心を破壊するか? ポール・ビクシー講演

  4. 委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

    委託先企業の業務用PCが遠隔操作攻撃で操作不能に(荏原製作所、イディア)

  5. OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

    OracleがJavaをアップデート、ライセンス変更にも注意(IPA、JPCERT/CC)

  6. 「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

    「改ざんサイト」は2019年8月から急増、検索結果から誘導(デジタルアーツ)

  7. セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

    セキュリティソフトに「防御率の高さ」と「動きの軽快さ」の改善を期待(NTTコム オンライン)

  8. Intelが複数の製品に対するアップデートを公開(JVN)

    Intelが複数の製品に対するアップデートを公開(JVN)

  9. 従業員が同業他社に顧客情報を漏えい(増田経済研究所)

    従業員が同業他社に顧客情報を漏えい(増田経済研究所)

  10. 県立佐渡高等学校で誤って別の保護者にマイナンバー漏えい(新潟県)

    県立佐渡高等学校で誤って別の保護者にマイナンバー漏えい(新潟県)

ランキングをもっと見る