EFF、スパイ型の広告をブロックするブラウザ拡張機能「Privacy Badger」を発表 | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

EFF、スパイ型の広告をブロックするブラウザ拡張機能「Privacy Badger」を発表

Privacy Badger は、「Do Not Track」のメッセージに関わらず、ユーザーのデータを収集しているドメインを実際に感知した場合のみ、それをブロックするメカニズムとなっている。

国際 海外情報
電子フロンティア財団(以下 EFF)が、ユーザー追跡型の広告をブロックする拡張機能「Privacy Badger」のアルファ版を発表した。

この Privacy Badger は、Mozilla Firefox および Google Chrome 用のアドオンツールで、ユーザーがどのようなサイトを好み、どのようなサイトを訪問するのかを密かに追跡する広告、および「サードパーティの追跡者」を自動的に感知し、ブロックする。

Privacy Badger は、AdBlock Plus のようなツールとは異なり、ブロックするサイトのブラックリストを保有しない。「Do Not Track」のメッセージに関わらず、ユーザーのデータを収集しているドメインを実際に感知した場合のみ、それをブロックするメカニズムとなっている。

実際には、広告主がユーザーの許可なく複数のウェブサイトの追跡を行っていると判明した場合、その広告主によるあらゆるコンテンツがブラウザにロードされることを阻止する。同財団の説明によると、「その広告主にとっては、突然あなたが姿を消したようになる」という。

ブロックされた広告主は、EFF に対し「Do Not Track」のリクエストを尊重する意思があることを証明することにより、ブロックの解除を得ることができる。

いまだ試用版ではあるものの、すでに Privacy Badger は EFF のサイトからダウンロードが可能だ。EFF による同ツールの紹介記事では現在、「勇敢なテストユーザー」が求められている。

 関連リンク

《江添佳代子》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  5. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  6. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. 日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省)

    日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省)

ランキングをもっと見る