少なくとも375種のワールドカップに便乗した不正なAndroidアプリを確認(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity
2024.06.17(月)

少なくとも375種のワールドカップに便乗した不正なAndroidアプリを確認(トレンドマイクロ)

 トレンドマイクロは16日、「2014 FIFAワールドカップ」開幕により、サイバー犯罪者による偽アプリが多数確認されたとして注意喚起を行った。

脆弱性と脅威 脅威動向
不正なワールドカップのスロットゲームアプリ
不正なワールドカップのスロットゲームアプリ 全 4 枚 拡大写真
 トレンドマイクロは16日、「2014 FIFAワールドカップ」開幕により、サイバー犯罪者による偽アプリが多数確認されたとして注意喚起を行った。

 それによると、ワールドカップに便乗した不正なAndroidアプリが、これまでに少なくとも375種確認されたという。同社で解析を行ったところ、この大量の不正プログラムは、モバイル上で感染が広がっている不正プログラムのファミリの亜種であることが判明した。

 今回確認された不正プログラムの1つは、「ANDROIDOS_OPFAKE.CTD」として検出される「OPFAKE」ファミリの亜種で、高額料金が発生するサービス悪用、連絡先やメッセージなどの個人情報の収集、不正なリンクやショートカットをモバイル端末のホーム画面に設定するなどの不正活動を行うものとなっている。

 そのほか、特定の受信メッセージをブロックもしくは隠ぺいする偽アプリ、何も購入していないのに、高額な請求を受ける偽アプリ、ユーザーの支払い確認のメッセージを隠ぺいするスロットゲームアプリなどが確認されたとのこと。

 同社では、サッカーの試合予想を賭けるアプリには、ユーザーが気付かないうちに情報が漏えいするものや、少額決済を行う際、あきらかにセキュリティを侵害するものなどがあると指摘している。また、数多くの高リスクアプリを確認しており、情報収集を行ったり、広告を勝手に表示するなどの不正活動を行うものが大多数だとしている。

W杯に便乗するサイバー犯罪……フィッシングに続き、偽アプリが多数出現

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

この記事の写真

/

特集

PageTop

アクセスランキング

  1. イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

    イセトーにランサムウェア攻撃、阿波銀行・藤沢市・茅ヶ崎市にも影響

  2. 役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

    役に立たないメール訓練 もうやめません? by Googleセキュリティ担当者

  3. 「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

    「ネクストレベル」に不正アクセス、496,119 件のワーカーの個人情報流出

  4. ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

    ニデックインスツルメンツにランサムウェア攻撃、複数のサーバ内ファイルが暗号化被害

  5. KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

    KADOKAWA グループ複数サイトで障害、サイバー攻撃の可能性

  6. 約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

    約 30 名の学生がフィッシング被害に ~ 明治薬科大学教員の M365 アカウントに不正アクセス

  7. 日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

    日経BP従業員メールアカウントに不正アクセス、33名の個人情報流出の可能性

  8. オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

    オイレス工業にランサムウェア攻撃、生産活動に影響なし 出荷通常通り

  9. IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

    IPA、中小企業向けの内部不正防止対策の報告書公開

  10. 九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

    九州電力グループのキューヘンにランサムウェア攻撃、社内情報の一部が暗号化被害

ランキングをもっと見る