NSAがTorユーザーやプライバシーに関心の高い市民をリスト化(The Register) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

NSAがTorユーザーやプライバシーに関心の高い市民をリスト化(The Register)

その他の監視対象として我々が聞かされているサイトには、HotSpotShield、FreeNet、Centurian、FreeProxies.org、MegaProxy、privacy.li、そして MixMinion と呼ばれる匿名のメールサービスが含まれている。

国際 TheRegister
「NSA のスヌーピングソフトウェア XKeyscore に関する漏えい文書」と言われている文書が示すところによると、その誇大妄想にとらわれた機関(NSA)は、Tor や Tails のユーザー、Linux Journal の読者――および、その他の「オンラインのプライバシーに関心を持つ人々」――を標的としているらしい。

この主張の核となっている部分は、XKeyscore システムの、このサンプル設定ファイルだ

この極秘文書は、Tor プロジェクトのメンバー、およびドイツの放送局 NDR と WDR のセキュリティ専門家のチームによって入手され、研究されたものであるという。同チームは、その漏えいデータの分析の中で、とりわけ NSA の以下の行動を批判している:

・明確に Tor のディレクトリサーバーを標的としていること
・Tor のブリッジについて言及されたメールの内容を読んでいること
・プライバシーに焦点をあてたウェブサイトやソフトウェアを検索した人々の IP アドレスを記録していること
・そして、それらを行ううえで、おそらくは国際法に違反していること

《ScanNetSecurity》

関連記事

PageTop

特集

アクセスランキング

  1. メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

    メール誤送信後に隠蔽を行った25歳職員を懲戒処分(川崎市)

  2. CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

    CrowdStrike Blog:新学期をさらに憂うつにさせるランサムウェア

  3. サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

    サイバーリスク増大予想するも準備はできていないと考える日本(ファイア・アイ)

  4. 独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

    独裁者御用達マルウェア「フィンフィッシャー」作成企業、ドイツのジャーナリストへ脅迫状 ~ 奴らは「ストライサンド効果」を知らないのか(The Register)

  5. 「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

    「カードの不正使用を検知し凍結した」とする、MyJCB偽メール(フィッシング対策協議会)

  6. 重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

    重要インフラ14分野による分野横断的演習を開催、約5,000名が参加(NISC)

  7. 「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

    「5pb. Records div2 official shop」へ不正アクセス、カード情報が流出(コムス)

  8. マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

    マイクロソフトが月例セキュリティ情報を公開、悪用も確認(IPA、JPCERT/CC)

  9. Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

    Web上で行えるAndroidアプリの脆弱性診断サービス、LACへ譲渡(ラック)

  10. 日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省)

    日米 ISAC間でサイバー脅威情報共有を強化(総務省)

ランキングをもっと見る