7月21日~27日に熱中症で緊急搬送されたのは8,580人、うち高齢者は44.4%に(総務省消防庁) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.16(月)

7月21日~27日に熱中症で緊急搬送されたのは8,580人、うち高齢者は44.4%に(総務省消防庁)

 総務省消防庁によると、7月21日~27日の7日間に熱中症で緊急搬送された人は、速報値で8,580人に上る。年齢区分でみると、「高齢者」が44.4%ともっとも多く、都道府県別にみると、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府などが多かった。

脆弱性と脅威 脅威動向
熱中症による救急搬送状況(週別推移)
熱中症による救急搬送状況(週別推移) 全 7 枚 拡大写真
 総務省消防庁によると、7月21日~27日の7日間に熱中症で緊急搬送された人は、速報値で8,580人に上る。年齢区分でみると、「高齢者」が44.4%ともっとも多く、都道府県別にみると、東京都、埼玉県、愛知県、大阪府などが多かった。

 7月28日頃までに日本全国で梅雨が明け、猛暑が続いている。7月21日~27日の7日間に熱中症で緊急搬送された人は、速報値で8,580人に上る。年齢区分でみると、「高齢者」44.4%、「成人」38.8%、「少年」15.9%、「乳幼児」0.8%の順に多い。初診時における傷病程度は、「軽傷」64.7%、「中等症」31.0%、「重症」2.2%、「その他」2.0%、「死亡」0.2%の順に多かった。

 また、都道府県別にみると、もっとも多いのは「東京都」620人、次いで「埼玉県」612人、「愛知県」574人、「大阪府」473人、「千葉県」481人、「神奈川県」450人、「兵庫県」443人などとなった。

 熱中症を防ぐために、厚生労働省は「熱中症予防リーフレット」を作成し、「水分補給」と「暑さを避けること」の大切さを訴えている。また、環境省は熱中症予防情報サイトで「暑さ指数」の情報を提供するほか、気象庁は熱中症に関するポータルサイトで「高温注意情報」を発表している。

熱中症で8,580人搬送、梅雨明けの猛暑に注意

《工藤めぐみ@リセマム》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

アクセスランキング

  1. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  2. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  3. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  4. サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

    サポート終了後も稼働するVistaとOffice 2007、台数と脆弱性件数(トレンドマイクロ)

  5. Scan BASIC 登録方法

    Scan BASIC 登録方法

  6. 10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

    10連休控え例年より早く発表、今年の長期休暇におけるセキュリティ注意喚起(IPA)

  7. 車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省)

    車検証の電子化に向けてセキュリティ面を含めた技術的要件を検討(国土交通省)

  8. ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

    ▼セキュリティホール情報 <2000-07-18〜24>

  9. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  10. MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解

    MAC アドレス認証 これだけ危険 ~ Wi-Fi セキュリティ対策の誤解PR

ランキングをもっと見る