【RSA Conference US 2015】標的型攻撃対策製品とクラウドセキュリティに注目(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2019.09.17(火)

【RSA Conference US 2015】標的型攻撃対策製品とクラウドセキュリティに注目(トレンドマイクロ)

トレンドマイクロはサンフランシスコで開催されているRSA Conferenceに出展している。

研修・セミナー・カンファレンス セミナー・イベント
Trend Micro Incorporated. のChris Taylor氏とIan Gordon氏
Trend Micro Incorporated. のChris Taylor氏とIan Gordon氏 全 3 枚 拡大写真
トレンドマイクロはサンフランシスコで開催されているRSA Conferenceに出展している。

会場では標的型攻撃対策製品を中心に同社の各製品が製品が展示されており、製品担当者と来場者の間では積極的な情報交換が行われていた。

同社のDirector of Product Management, Chris Taylor氏によると、アマゾンウェブサービス(AWS)やWindows Azureなどクラウド環境のためのセキュリティソリューションである「クラウド&データセンターセキュリティ」と、脅威検出技術と製品間で共有した情報をインテリジェンスとして駆使する「カスタムディフェンス」ソリューションがとくに来場者の関心を集めているといるということだ。

《麻生 裕一》

関連記事

この記事の写真

/
PageTop

特集

アクセスランキング

  1. 高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

    高額なコンサル不要 !? ~ ISOG-J 公開三つの無料ドキュメント活用方法

  2. 「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

    「OpenSSL」アップデート、情報漏えいなどの脆弱性に対応(JVN)

  3. 「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

    「マグちゃんオンラインショップ」に不正アクセス、最大2,905件のカード情報が流出の可能性(宮本製作所)

  4. LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

    LINEの「apng-drawable」に任意コード実行などの脆弱性(JVN)

  5. 「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

    「CODE BLUE」全25セッションの講演者が決定(CODE BLUE実行委員会)

  6. 「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

    「なんとかデータベース」へ不正アクセス、会員情報169,843件が流出の可能性(スープレックス)

  7. 「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

    「アカウントを更新できなかった」とする偽Amazonメール(フィッシング対策協議会)

  8. OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

    OTネットワークを可視化しセキュリティリスクを監視(NRIセキュア)

  9. 業務用ノートパソコン1台を遺失、遠隔操作でパスワードを複雑化(ゼットン)

    業務用ノートパソコン1台を遺失、遠隔操作でパスワードを複雑化(ゼットン)

  10. 県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

    県立高校で保護者への台風15号に関する通知メールを誤送信(埼玉県)

ランキングをもっと見る